すまふ(住)

台所染め

以前から草木染めをやってみたいと思っていたところ、入門にちょうどよいものを見つけた。

横浜のナチュラル&ハーモニックプランツで開催中のシルクフェア2012の一環「シルクを台所で草木染めしよう」

台所で片手鍋ひとつで草木染め…お~こういうのがいいんだわあ。

着物と同じ、日常生活の中に取り込めてこそ楽しいし、続けることもできるというものだ。

草木染めを指導してくれるのは京都で14代続く織元「織道楽 塩野屋」の御主人、服部芳和さん。

ちなみに私は昨年末、塩野屋が推進する桑の木オーナーになった。この話はいずれまた。

講習が始まるまでの時間は服部社長の余談雑談、で、これがおかしい。

Soie_2

講師の塩野屋服部社長

まずは絹と草木染めについて基本的な説明を聞く。

絹と草木染はとても相性がよいそうだ。

動物性に植物性、対極の組み合わせがよいということらしい。

次に実際に使う染料、その比率・媒染の違いによる染めのサンプルを見ながら作業手順を教わる。

Soie2_2

Soie3_3

丁子(クローブ)、蘇芳、刈安、玉ねぎの染液と色の組み合わせ例

染料のブレンド(初めてだから難しい)を各自考えたらいよいよスタート。

媒染剤に漬ける→水洗い→火で温めた染料の中で煮る→水洗い→乾かす

の工程を経て出来上がり!!

同じ染料でも媒染剤が鉄とアルミでは染めあがりが変わる。

各工程の時間の長短だけでも色が違ってきて、1枚1枚がみな微妙に違う仕上がりに。

これぞ手作り、オリジナルとしばし自己満足に浸る。

Soie4_2

思い思いの色に染めた後は万国旗のように吊るして乾かします。みんな色が違う!

Soie5

本日の作品(やっぱり渋くなった

左から

丁子:玉ねぎ アルミ媒染

丁子:玉ねぎ 鉄媒染 …上と同じブレンド 媒染を変えるとこれだけ色が変わります

蘇芳:丁子 鉄媒染

※ブレンドはすべて1:1

それぞれの感想と作品発表をして本日の講習終了。

短い時間だったけれど草木染がぐっと身近になった。

染める材料は台所にある色のつきそうなものなら何でもよいらしい。

コーヒー、紅茶、スパイス、今回の玉ねぎは茶色い表皮を1時間半くらいぐつぐつ煮出したものとか。

今まではただのゴミがこれからは貴重な材料、せっせと集めたりしそうだ。

私としては是非「ワインwine染め」にも挑戦してみたいなあ。

あれこれとアイデアが広がって、う~ん、ちょっとはまりそう( ̄ー ̄)ニヤリ

☆おまけ☆

袋真綿(繭を煮て手で薄い袋状にしたもの)の引き伸ばし体験。

Soie6

都浅黄の繭(上)と普通の繭

塩野屋オリジナル品種の都浅黄は名前のとおり黄色の繭。

実はこちらが野種で白が変異種だったそうだ。

小さなな繭の袋が蜘蛛の巣のようにぐんぐん伸びて1mx2mくらいまでになった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暖房対策

寒っ。夕べは予報通り雪になりましたsnow

吹雪いている空が一瞬明るくなってゴロゴロ、え~っ、雷!?

そういえば地震もあったし、なんとも盛りだくさんな一夜でした。

Neige_2 

夜半の雪

Neige2

朝の雪景色

今朝は通勤経路を変えて出勤です。

途中出会う小学生たちの元気なことよ。

植込みに被った雪はわざわざ振り落とす、アイスバ―ン状の歩道はケリケリして歩く…

昔は寒さには強かったはず、が今はすっかりダメになりました。

このあいだ薄手のカシミアショールをコートの上ではなく下に羽織った方がずっと暖かいことを発見!(←着物ではなく洋服の話です、念のため)以後、実質を重んじることに。

寝具類は既に最高レベルまで引き上げてしまったてあとがない…

節電、電気代、ライフスタイル等を考慮、ダイキンのセラムヒーターを追加しました。

Hiv0

さっそく試用の方あり。

これまでのカーボンヒーターよりヒーター面が高いので椅子の上で効率よく温まります。

飼い主が仕事に出かけた間(というか、猫の療養食と暖房費のために日々稼ぎに行ってる気がする…)、日中の猫たちの暖房も忘れていません。

なんたってこちらも高齢だから仕方ないわ。

Hiv

白くて長~~い手は老いて急に寒がりになったミュゲさん

久しく使わなかったドームへ入るようになりました。

Hiv2

手足がややこしいことに

Hiv3

隣で拗ね気味のタンゴ、ドーム1個しかないもんね。

Hiv4

そこで特製ドーム、作りました。

ダンボール箱にフリース掛け、座布団には着物の余り布のシルクカバー付き。お~ゴージャス!

Hiv7

円満解決、やれやれ

Hiv8

右手(黒)、左手(ベージュ)、その下の爪出しは足(黒)

ドームの柄に見事同調ですcatheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャパン・ブルー

20100614224346

ふだんなら10時で切り替わる東京タワーのライトアップも昨晩はずっとジャパンブルーで応援。

カメルーン戦勝利おめでとう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねこと花

桜もとうに終ったというのに先週はよもやの雪…1ヶ月の中に真冬から初夏まで全部詰め込んだバラエティセットみたいな今年の4月です。

Ch

冬のような寒さに蒲団の中でぬくぬくを決め込んでいたねこも久し振りの暖かさに誘われて出てきました(啓蟄か?!)。

午後の陽射しを浴びて黒いねこの置物のよう。色は地色ですが。

「意味わかんな~い!」と思わず叫びたくなるほどうるさく鳴く、なのにこうしたショットがいちばん決まるのがコヤツ。

ねこの向こうに鉢植えが…朝顔にはまだ早いゾ…

Fl

クレマチス、和名は鉄線、いったいどこからそんな名前がついたのでしょうか。

家に到着した時は3つくらいだったのが夜には5つほど花が開いていました。明日はもっと増えるかな?

西洋にもあるのに和柄がよく似合う花です。私も鉄線の柄の和手ぬぐいと麻の染め帯を持っていたっけ。

この花は着物に合うだろうからとはなかなかの選択眼、裏事情は有効期限間近、中途半端に余ったのポイント消化(笑)の主人からのプチプレゼントでした。Merci!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静かな風景

Shizuka

猫が佇んでいると

Shizuka2

そこだけ時間が止まったような

静かな風景が生まれる…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陶器のお雛さま

もうすぐ雛祭り。

子供の頃は決して高価なものではなかったはずだが、とりあえずオールキャストの段々飾りがしばらくのあいだ部屋の中に飾られていた。

いつの頃からかリストラされてお内裏さまとお雛さまだけになり、やがてその習慣もなくなった。

あのお二人、実家のどこかにまだいらっしゃるのだろうか…

目下のところ、行方不明である。

Hina_2

もう何年か前のこと、たしか暮れの銀座だったと思う。

どこだったか創作陶器のコーナーでこのお雛さまを見つけた。

都会のマンション暮らしに畳の和室など望むべくもない。

それでなくともスペース的、また違和感なく置けるとなるとなかなかこれというものがない。

でもこの二人なら身の丈5cmほど、お洒落でいいかもと気に入った。

Hina2

アップ→

ヴェルサイユのバラの巻き毛かに見えたのは実は羊さん。

奥方の方がややメタボなのが微笑ましい。

でも、なぜ羊?― 明けた新年の干支が羊だった。

羊は私の干支、これもなにかの出会いと購入した。

帰って玄関コーナーにさっそく飾ったら、猫も大いに気に入ったらしく翌日には早くも下へ叩き落とされていた。

陶器なんだから!と結局ガラス戸の戸棚の中へ移動してもらうことに。

その戸棚は今は埼玉の家にあるが、出したら今度も猫に落とされるだろうな…やっぱりやめとこ。

そんな事情ですみませんが、今年もまた戸棚の中で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜はブルー

Tbl

今夜ブルーなのは私ではない、東京タワー。

ピンク、緑など気まぐれに(なにか理由があるのかも)ドットの色が変わるけど、今夜は久々ブルーに。

これまで先の部分だけはいつも朱色のままで、どうせなら全部がよいのにと思っていたら、おや?今晩はてっぺんもブルーじゃない。

うん、こっちの方がヨイわ。

Tbl2

携帯カメラじゃくっきり映らなくて、

ぶれて流れたらかえって青がはっきり。

次はパープルがいいなあと勝手にリクエスト。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お香

10月も残り少なになってしまった。

11月など飛ぶように過ぎて、今年もまたあたふたと12月つまり1年が終る!…のは目に見えているぅ…

公私ともになにかが終ればまた次が、下手するとそれまで以上にパワーアップしてやってくる。

だから余計に一区切り?

うん、ここはいったん強制終了といくか。

そんなときは自分にプレゼントが一番と都合よく決め込み選んだのはCDと本とお香。

Ko

お香…白檀、加羅、丁子、歯医者さんの詰め薬のようなと言えなくもないこんな匂いがなんで好きなのかはわからないけど妙に落ち着く。

そしてあの香りをかぐと中学の修学旅行で初めて訪れた京都へと記憶がジャンプする。

聞香に手を出すほどではないが、時たまふらり~とお香が欲しくなってしまう。

今回は京都の老舗山田松香木店のものを選んでみた。

Kakekou

スティックタイプの室内香はオーソドックスな「沈香」。

匂い袋にしてはちと大振りなのは「掛け香」で、室内やクローゼットなどに吊るして楽しむもの。

Bocyu

きものを着るようになってからは防虫香も必需品だ。

これまでは「香十」のものを使っていたけど、今回は山田松の2種類のうちのふくよかな香りの方を試しに使ってみることにした。

香り=匂い、と思うが仏教ではこの「匂い」は鮮やかな色彩コントラストを意味するのだそうだ。へえ~。

さてさて届いた柿でも食しながら、音と香りで五感に栄養を与えてあげましょか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロータスとかなんとか

P1010836

あれ、庭の車、こないだまで水色だったのが緑に変わってる???

P1010854

先月、武相荘へついでに寄ってもらったときの家人の用向きはコレ。

虫…

黒いエラエラのついた昆虫みたい。

正面顔はぎゃっ、青ガエル。

ロータスとかいうらしい。

ロータスは蓮の花だ。

いやはや、車に無知な人間にあってはマニアックな車もなにもあったもんじゃない、ホホホ

深緑色で、ずっと捜していたものに出会えたんだそうな。

羨ましい。

私なんて何か捜していると、捜しものより捜してないものばかりが見つかってしまうのに。

(目的直進型と寄道型のキャラの違いが出る)

ご本人、中古だし最後のオモチャとかなんとか言ってるが人間これが最後といって最後になったためしはない…ああ

そう思わない、ミエル?

P1010766_2

「車?私、どうせ乗らないし、チーズもらったほうがいいかニャ」

あ、そう。

ま、キミの関心はいつでも食べ物だもんね。

P1010857

ついでに猫移動用にはこちら。緑好きだ。

ともあれ、そんなこんなでブログ開設以来初登場の車の話題でした。

筆者にとっては「猫に小判」、まあ存分にお楽しみくだされ。

調子に乗ってスピード出し過ぎちゃだめですよっ、ヨッ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小さな秋

Kiku

先週、所用で仕事帰りに渋谷へ。

メトロを降りて改札を抜けたすぐ目の前には伊東屋さんの小さなコーナーがあります。

いつもはどっと押し出された人の流れのままに通り過ぎることが多いけれど、頭が緊張していたのでしょうか、ちょっと立寄りたくなりました。

和手ぬぐいやハンカチ、お月見に兎、紅葉、栗…秋らしい色柄の小物が並んでいます。

あれこれ見て選んだのは最初に目に留まった菊をデザインした2枚。

家へ帰ってさっそく着付け小物を入れた籠や帯留の箱の上に掛けてみました。

チープながらちょっと贅沢、ちょっと幸せ気分の小さな秋です。

きものの小径

自由に楽しく!着付けの個人レッスンいたします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧