« 2016年10月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

「着物で歌舞伎」の日

若手の花形歌舞伎役者5人(尾上松也、坂東巳之助、中村壱太郎、中村隼人、中村梅丸)による新春浅草歌舞伎を観に行った。

Img_0081_2

わ、若いっ(後ろの役者さんのことですよ、もちろん)。
若いが芸歴は長い。子供のころから舞台踏んでますからね。

和の世界の継承はどこも細々が多い中、歌舞伎界だけは全然関係ないみたい。

今日の5人もあと10年、20年したら歌舞伎座をしょってたつんだろうなあ。

最後の演目「棒しばり」が特によかった。溌剌として愛嬌があり、巳之助(太郎冠者)と松也
(次郎冠者)の芸達者ぶりにおおいに笑わせてもらった。

この日は観客も着物の「着物で歌舞伎」のスペシャルデーで会場もいっそう華やか。

男性の着物姿が増えた気がする。よい傾向、よい傾向。

さて、今年の初着物はなにを着よう。

普段は紬派の私もこの季節だけは垂れものを着たくなる。この時季を逃すと儀式でもない限り、あとはいつ着るやら。

Cai_2017_3

細かな角通しと行儀を大きな市松に配した江戸小紋

もうどんな帯でも来るものは拒まず、懐の深い一枚だ。

Cai_2020

一応フォーマル帯なんだけどめったに使いそうもないし、え~いお正月、この際だから乗せてしまえ~と、今回はおおらかに選択した。

Cai_2021_2

白っぽい帯締めを持ってくると晴れがましすぎて気持ちが落ち着かなくなりそ。濃い色でマイテイストに。

最後に本日の記念品はこちら、ハーフてぬぐい↓

Cai_2024_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年、穏やかな年でありますよう

松の内も明けて8日、新年初めての早朝坐禅会に参加した。

Cai_2008_3

門前の象さんたち

Cai_2009_2

家を出たときは真っ暗で、今朝は一段と冷え込んでいた。

いつも終わったあとに生姜湯をいただくがこれが甘くて熱くて実に美味しい。

でも今日は新年ということで七草粥が供された。冷え切った身体が温まる。

話が前後するが今年は初詣に行っていないと同僚にいったら、私もまだなので

金比羅さまに一緒に行きましょう!ということになった。

そうか、その手があったか。

行ってみればなるほど本格的でサラリーマンもけっこう参拝に来ている。

同僚がおみくじを引こうと言い出した。

今時50円は安いそうで、なんでも鎌倉では200円していたとか。

結果、彼女は大吉ヽ(´▽`)/

Cai_2010_2

私は末吉(o^-^o)

「物事に心迷わず 現在(いま)を守る決意こそ肝要

外見することは悪かるべし・・・」

願事: 誘いや甘言にのらず神を信じ自信をもて

取引: 利より信用でいけ

家移(やうつり): 先を考へて実行せよ

老後(おいさき): 命は長い 考へ方を更(あらた)めよ・・・

おみくじなんて何年ぶり?

そのわりにはなんだか今に妙にしっくり来るのを引いた気がしないでもない。

最後のふたつなどある意味深い。

とにもかくにもこの1年、90を超えた母と同い歳の猫がまた1年無事に生き延びられますよう。

ふたりには遠く及ばないながらもりっぱな中高年になった人も猫もみな元気に暮らせますよう。

そしてできることなら、できる範囲でいいから穏やかに過ごせますことを。

次はいい加減着物の話題にしますsign03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2017年2月 »