« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

披露宴の着付け

振袖着付けのご依頼をいただきました。

今年着付けを習いに来てくださった方で、この日はご友人の結婚披露宴へ出席されました。

お母さまが若い頃に着られた振袖は豪華な総絞り。

淡い藤色から濃い紫へ、小物類も全て紫系で揃えました。

Cai_1780

帯はやや藤がかった淡いピンクの箔帯です。

ワントーンの装いがなんとも上品。シックで大人っぽいですね。

Cai_1779

お稽古にいたした時から若いのにとっても地味好み(笑)

まだまだ十分振袖年齢ですし、あと10年は楽しめますよ(*^-^)

どんなところへ出てもひときわ目立つ、素敵な振袖姿ですheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体験レッスン

身近にお母さまの着物がどっさり、となるとやはり着てみたくなりますよねえ~heart

だけど着付けってどうなの?と思ったらこの体験コースがお薦め。

着付けを始めるためには着物と帯のほか、襦袢や小物など諸々必要になってきます。

Cai_1777

まずは小物のチェック、着物と帯の組み合わせなどのガイダンスから始め、次にひと通りの着付けを体験していただきます。

Cai_1778

渋い色合いの型染め小紋に臙脂色の博多献上帯で。

お仕事を持つ方が着付けを習う際にもうひとつ気になるのがレッスン日程です。

お仕事の関係で日時やレッスン間隔が限られてくる場合は、無理のないスケジュールで行なうようにしています。

楽しみで着る着物です。着たいと思った気持ちを大切に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の猫

今年も陽だまりの中に猫がやって来る季節になった。

朝ごはんも食べたし、ひと眠りするか(ミエルcat

Cai_1760

陽射しもいい塩梅

Cai_1762

たぬき腹に埋もれた脚は左右ツートンなのでした

Cai_1765

こちらもツートン脚(タンゴcat

Cai_1771_2

耳に注目!

Cai_1770

手術済みの印に耳がカットされたのではありません

家猫同士の喧嘩で喰われたshock

Cai_1766

小さいながらも歌舞伎の隈取のような吊り上がり目

しつこくちょっかい出すあなたが悪い(ミントcat

ちなみに喰ったのも喰われたのも♀、ああ

Cai_1776

動物病院へ行ったら診察室のドアの窓がハロウィーン仕様になっていた

ただいまこの奥で点滴中(ミュゲットcat

Cai_1775

せっかく寝ようとしてたのに病院連れてかれて、ああ疲れた疲れた。

続きを読む "秋の猫"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりのレッスン

着物を着るのによい日和になってきました(*^-^)

新しい着物と帯で久しぶりのレッスンです。

Cai_1753

昨年はお茶会を想定して帯は袋帯でお稽古しました。

初めての着付けで二重太鼓は決して低いハードルではありませんが努力して見事クリアーsign01

今回は名古屋帯のレッスンです。

Cai_1754

袋帯の基本がしっかりできていると名古屋帯はすぐに理解できます(逆もいえます)。

思ったよりす~いすい、結べたヽ(´▽`)/

最初は着たい気持ち、そして今回は着られた喜びがまた一歩前進させてくれました。

着物がますます楽しくなりますねheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連休 その2 ― 30年前と同じ?!

相変わらず周回遅れもいいとこのアップです。

ま、ちょっと書いておきたかったし。

それは連休もあと1日で終りという日のこと、ああまた仕事だとゆーうつ気分がちらちらと。

うん、ここは気づかないふりをしよう♪

ご亭主の本棚から考えなしに読めそうな本を選び、読書三昧を決め込んだ。

かなり読み進んだところで、

「・・・もしペルシャ湾のホルムズ海峡あたりでことが起きた際、アメリカがそっぽを向いたら、日本の石油は干上がって、経済は壊滅的な打撃を被り、国民生活は疲弊のドン底に叩きのめされるだろうよ。日本の繁栄と安全は、われわれ日本人自身の手で守るのでなければ・・・」

ん?どこかで聞いたのとそっくり?

だけどこの本、頁の焼けからいってかなり古い・・・

本の最後を開いてみた。初版昭和59年(1984年)、今から30年前!!

因みにこの本が出版されたのは戦後めざましい復興を遂げた日本の高度経済成長がオイル・ショックにより終焉を迎えようという時代のことだ。

誰かさん、パクリ?30年前の?

リアリティがなさ過ぎると批判されてすぐに他のたとえに変えたみたいだけど、それにしてもよ、いいんですか、こんなことで!!

歴史は繰り返すってそりゃそうだけど、戦後40年の小説とそれから30年経っても一国の長がそっくり同じことを言ってるってあんまりじゃないだろうか。

参考までに小説ではこの後こう続きます。

「それは覇権の論理というものでしょう。昭和初期のあの戦争も、その論理を掲げて始めたのではないんですか?・・・」

休日の残りを考えなしに過ごすつもりがとんだことになったannoypunch

心を静めて週明けに備えないと。

かなり古いけど(8月)UPし損ねたので。

同僚からもらった招待券で最終日ぎりぎりで滑り込んだ岩合光昭写真展「ふるさとのねこ」

Cai_1742

サイン会受付終了間際に並んでいただきました。

Cai_1743

後日談:

仕事場の昼食時間、同僚がポツリ「一億総活躍社会って、どうしても国家総動員を連想してしまうんだけど・・・」うん、言えてる。

続きを読む "連休 その2 ― 30年前と同じ?!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »