« 連休 その1 | トップページ | 久しぶりのレッスン »

連休 その2 ― 30年前と同じ?!

相変わらず周回遅れもいいとこのアップです。

ま、ちょっと書いておきたかったし。

それは連休もあと1日で終りという日のこと、ああまた仕事だとゆーうつ気分がちらちらと。

うん、ここは気づかないふりをしよう♪

ご亭主の本棚から考えなしに読めそうな本を選び、読書三昧を決め込んだ。

かなり読み進んだところで、

「・・・もしペルシャ湾のホルムズ海峡あたりでことが起きた際、アメリカがそっぽを向いたら、日本の石油は干上がって、経済は壊滅的な打撃を被り、国民生活は疲弊のドン底に叩きのめされるだろうよ。日本の繁栄と安全は、われわれ日本人自身の手で守るのでなければ・・・」

ん?どこかで聞いたのとそっくり?

だけどこの本、頁の焼けからいってかなり古い・・・

本の最後を開いてみた。初版昭和59年(1984年)、今から30年前!!

因みにこの本が出版されたのは戦後めざましい復興を遂げた日本の高度経済成長がオイル・ショックにより終焉を迎えようという時代のことだ。

誰かさん、パクリ?30年前の?

リアリティがなさ過ぎると批判されてすぐに他のたとえに変えたみたいだけど、それにしてもよ、いいんですか、こんなことで!!

歴史は繰り返すってそりゃそうだけど、戦後40年の小説とそれから30年経っても一国の長がそっくり同じことを言ってるってあんまりじゃないだろうか。

参考までに小説ではこの後こう続きます。

「それは覇権の論理というものでしょう。昭和初期のあの戦争も、その論理を掲げて始めたのではないんですか?・・・」

休日の残りを考えなしに過ごすつもりがとんだことになったannoypunch

心を静めて週明けに備えないと。

かなり古いけど(8月)UPし損ねたので。

同僚からもらった招待券で最終日ぎりぎりで滑り込んだ岩合光昭写真展「ふるさとのねこ」

Cai_1742

サイン会受付終了間際に並んでいただきました。

Cai_1743

後日談:

仕事場の昼食時間、同僚がポツリ「一億総活躍社会って、どうしても国家総動員を連想してしまうんだけど・・・」うん、言えてる。

|

« 連休 その1 | トップページ | 久しぶりのレッスン »

日々つれづれ(暮)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/61756591

この記事へのトラックバック一覧です: 連休 その2 ― 30年前と同じ?!:

« 連休 その1 | トップページ | 久しぶりのレッスン »