« 夏の猫景色 | トップページ | 連休 その1 »

生き延びてね

久しぶりにブログをアップして暑いと書いた途端秋になってしまった。

極端な。

こういう寒暖差はもうお馴染みだけど、だからって人はそんなに極端に変われません。

ボーっとした夏頭のまま本日も猫ブログ・・・

Cai_1713

↑かつて駒澤大学駅近くでピーピー鳴いていたところを拾われたタンゴ

どんなに夏が暑いからって、どんなに仕事が忙しいからって、急な雨のときは雨宿りしながら、この疱疹けっこう痛いんだけどと思うときだって猫の通院は欠かさない。

かれこれ半年、か。

長く通ううちに病気とは別の深刻さに時々出会うようになった。

ミュゲットがお世話になりだした春から、もう何度も病院で一緒になる(男の)人がいる。

小洒落たキャリーなどではなくスチール製のケージにおそらくは寸法を合わせて手作りした布製カバーをすっぽり被せている。

明らかに猫、複数匹のことも多い。

このあいだ保護猫活動をしている人だとわかった。なるほど、以前分厚いファイルを持っていたのはそういうわけだったか。

今日も来ていた。

先生との会話から連れて来られた子は膝から下が無く、骨が剥き出しになって化膿しているので入院~手術が必要ということだった。

いったいどこでどうしてそんな目に遭ってしまったのか、胸が痛くなった。

わが子のことだけを心配できるのは恵まれているのかもしれない・・・

甘い情だけでは済まされない、厳しい深刻な現実があると今日あらためて思った。

帰りがけ、会計をしながら思わず受付の人に聞いたらまだすごく小さい猫だという。

せっかく保護されて手当てされたのだから何でもよいから、お願いだから生き延びて、小さな命が繋がるよう祈らずにいられなかった。

Cai_1724

↑かつて行き倒れ寸前のところを拾われ、今はけっこうセレブな暮らしを手に入れたミントcatheart04

Cai_1602_2

生活の文化度も高い。

|

« 夏の猫景色 | トップページ | 連休 その1 »

ネコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/61354451

この記事へのトラックバック一覧です: 生き延びてね:

« 夏の猫景色 | トップページ | 連休 その1 »