« 万全! | トップページ | 浴衣支度 »

お久しで~~す

え~っと、レッスン以外の記事書いたのいつだっけ?――3月28日w(゚o゚)w

ミュゲcatが危機的状況を乗り越えた頃だ。

少しは落ち着く・・・がどっこいそうはならなかった。

おおよそ88歳の猫と入れ替わるように御齢90の母が転んで大腿骨骨折shock

病院に運び込まれた日にドクターから言われた:「高齢者の骨折は骨折だけと思わないでください」

う~ん、たしかにその通りになった。

仕事場―病院(横浜)ー動物病院を巡る日々。

母親の静脈点滴の説明はどこかで聞いたような・・・(catのときとそっくり同じだった・笑)

スケジュール表で明日の予定をチェックするが、それがもはや何日で何曜日だか、しまいにゃわからなくなってきた(@Д@;

ありがたいことにどちらの高齢者もまあそれなりに良い方向へ収まっていってくれた。

catの腎臓は点滴と縁が切れなくなっちゃったけど。

当面は週1を目指すことで、いまや殆ど生活習慣化。

まあ、そんなわけでピーク時よりは時間ができた。

着物の季節も単衣どころか夏物に変わっている(ん?まだ5月よね?)

ストレス解消・自分へご褒美bleahを言い訳に新しく仕入れた帯をあれこれ着物に合わせてみたい!

帯締め・帯揚げなんかももう思いっきり、そこらじゅうに散らかしながら組み合わせてみたい!

気はする。するけど・・・

なんとなく中途半端・・・

そうそう、近頃はひとつ片付いてはい、次!とはすぐに進めなくなっている(^-^;

こんなときは中途半端になっているモノの片づけなどがお似合いかもしれない。

以前、母の羽織を解いて帯にした後の余り布が部分的に形の残ったままになっていてずっと目障りだった。

まずは糸を解いて、ついでに古臭い匂いも気になるからこの際洗ってしまおうか。

絞りの羽織の残骸を解いてみてへえ~っと思った。

総絞りの仕立てには縮まないよう裏に極薄の絹を貼る裏打ちという加工が必要なことは知っていたけど、ほう、こうなっていたのね↓

Cai_1679

斜めに糸が掛かって途中途中で玉止めされている。

なんかすごく地味な作業、でもものすごく根気入りそう・・・

絞りの仕立代が割り増しになるのもうなずける。

今ではこうした加工をする人も減ってしまったそうだ。

Cai_1683

洗濯してもそのまんま。裏打ちのおかげか絞りも縮まなかった。

羽織の衿を解いて広げたら半衿に丁度よいことを発見した。

なにしろ昭和初めの羽織は丈が短い。それでも衿部分から半衿3本は取れる長さがある。

木綿や紬、地味なふだん着物の衿なんかにはちょうどよさそうじゃないnote

Cai_1689

衣装敷きを広げると条件反射のようにタンゴがやってくる。

古い布きれと猫とゆるゆる過ごすのは中途半端な時間の使い方としてはなかなかよい気がする。

|

« 万全! | トップページ | 浴衣支度 »

ネコ」カテゴリの記事

日々つれづれ(暮)」カテゴリの記事

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/59961335

この記事へのトラックバック一覧です: お久しで~~す:

« 万全! | トップページ | 浴衣支度 »