« マカロン2 | トップページ | 真冬仕度 »

書を飾る-山頭火句

ひとつ物事を続けるのは難しい。

だが、高校時代からずっと書に取り組む尊敬すべき友人がいる。

話はだいぶ遡るが10月の半ば、その友人が出品しているグループ展「2014書TEN」(東京芸術劇場・ギャラリー)に出かけた。

この作品展は自由で新しい書のスタイルの模索・提案をコンセプトに2010年に始まったもので、今年のテーマは「探(さがす)」。

実際に墨に触れるワークショップなども開かれ、現在進行形の親しみある作品展だ。

ところで、大変なことになった。

今年の書展の出品作がわが家に届いたのだsign03

さて、どこへ飾ったものか。

友人もわが家の狭さはよく承知なので、出品3点の中でいちばん小さなものを譲っていただくことにしたのだが、やはり広い会場とでは空間に占める比率が違う。

Cai_1554

あちらか、いやこっちか、ああでもないこうでもないと持ち歩いては置き、そしてついに決定。

Cai_1557

Cai_1555

「かれゆく草の美しさにすわる」(山頭火句)

一日の終り、静かにお茶を飲みながらひととき放浪の旅に出かけようか。

素敵な書をありがとう。大切にします。

|

« マカロン2 | トップページ | 真冬仕度 »

めでる(美)」カテゴリの記事

コメント

こ、このように美しく飾っていただき嬉しい♥

ブルーグレー?の布がパネルにピッタリ!
山頭火も私も大喜びしていたら、ピンポ~ンが鳴り玄関へ。。。

今、嬉しい品々が届きました。お心遣いに感謝です☆

投稿: 星夏 | 2014年12月 4日 (木) 10:57

こちらこそありがとうございます!
白い壁から浮かないよう何かよい方法はないかと…和紙につなぎの台になってもらいました。青みと灰みのある緑色。部屋の品格が上がりました↑

投稿: chaton | 2014年12月 4日 (木) 21:19

本日の夕方、チェリーピローズ届きました!

夕食後に、ロングを肩にのせたら何とも言えないやさしい温かさ。気持ち良くてついウトウト

スモールは、使用したそうな夫に30分ほど貸与

ありがとうございました❤

投稿: seika | 2014年12月 6日 (土) 22:39

気に入っていただいてよかったです(*^-^)
すぐに冷めるんですが、それも自然でよいかなあ。寝る前に温めてまず肩に、そのあとは布団の中へ引き入れ、もっぱらお腹回りに乗せています。
今や猫catとサクランボ枕cherryが冬の布団の友(笑)
寒いのでお気をつけて!

投稿: chaton | 2014年12月 7日 (日) 20:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/57775214

この記事へのトラックバック一覧です: 書を飾る-山頭火句:

« マカロン2 | トップページ | 真冬仕度 »