« 今週のワイン | トップページ | 急なお出かけのポイントレッスン »

洒落紋を楽しむ

家紋の付いた着物でなければ絶対ダメという場がこれまでなかったのと、多分この先もないだろう、ということで紋付は持っていません。

家紋はなまじ入れると着る範囲が限定されますし。

昨年、馴染みの呉服屋さんから洒落紋(花紋)の提案をいただきました。

着物は熨斗目の紬です。

紋入れの手順は、

図案を決める→下絵を描く→配色・大きさを決める→刺繍糸を選ぶ→刺繍

まずは図案から。

花紋なので何をどうデザインしてもよいわけで、そうなるとかえって悩みは深く…

色無地に花をデザインした紋をあしらったものをよく見かけますね。

花や植物で、あまり季節性の強いものだとそれ以外の時季に着にくくなる…

着物の雰囲気からして正統古典調はどんなものか…

かといってあまり遊びが過ぎても…

懲りすぎ、色数多すぎは料金アップの元…

日本の文様辞典や篆刻の図案集にはじまり、外国で買い集めたポストカード、雨傘、薬箱にしている缶カラ、気がつけば日常使っているものに紋になりそうなものを探し求める日々…

Cai_0978_2

↑パリで見つけたポストカード

漫然と探していても拡散するばかり、こういうときは基本に戻って整理します。

☆季節性のないもの

☆ややモダン寄りの図柄

☆シンプルが信条

☆好きなものがいちばん

これらの条件をクリアした「ネコとワイングラス」に決まりcatwineheart04

ネコは「後ろ向き」の条件で下絵をお願いしました。

出来上がってきた下絵に修正を加えます。

Nekowine01g_2

↑ねこのお腹を気持ちスリムに、ワイングラスを丸めに修正したもの

グラスは細長のほうが「らしい」のですが、それだとボルドータイプ。ここはあくまで好きなブルゴーニュにこだわることに!

次は配色と大きさです。

ここでもまた悩みました。

せっかくの紋入れですが、あまり色(特に赤)をいれたくない…(う~む、素直な性格ではない)

淡いグレイベースにグレイッシュなブルーと茶の熨斗目、そのなかに溶け込むように、あるけれどないみたいで、ないみたいであるような…(ますますひねくれてる~)

信条のシンプルも加勢して同系色の単色、小さめに決定。

Nekowine02

色糸選びは安心してお任せして、いよいよ刺繍に入ります。

仕上げの前にも最終チェックの写真が送られてきます。グラスの丸みをもうちょっとと微調整。

Nekowine03bCai_1189

そして完成です!!

呉服屋さんいわく「目立たないようで、でも確実に主張している」、ツボの紋に大満足の私(o^-^o)

春や秋の羽織物に季節らしい植物の紋なんて?次から次へと妄想が湧き起こる…

ま、妄想。お金かかりませんし、自由ですから。

だけどちょっと危ない世界ですよ、この洒落紋は!

|

« 今週のワイン | トップページ | 急なお出かけのポイントレッスン »

よそおふ(衣)」カテゴリの記事

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/57268317

この記事へのトラックバック一覧です: 洒落紋を楽しむ:

« 今週のワイン | トップページ | 急なお出かけのポイントレッスン »