« 訪問着や付下げをふだんに | トップページ | ヴァロットン展 »

9月の帯

近頃の9月は夏、それも残暑どころか盛夏!が通説になったかに思いましたが・・・

関東地方では突如8月終わりから涼しいのを通り越して寒い!

夏の続きバージョンを予定していた「9月の帯」もすっかり肩透かしをくってしまいました。

そう、「極端」も最近の傾向のひとつでしたね。

ならば何事にも柔軟に、臨機応変に!

【9月初め、まだまだ暑い日は】

いくら月が変わっても気温・湿度が高く、暑いと感じれば着物も帯も夏続行。

ただし、そこは秋の始まり、あまり鮮やかだったり、爽やか過ぎる組み合わせは避けたほうがよいでしょう。

Cai_1476

モノトーンで大きな格子を織った夏帯

ブラック&ホワイトの利点は季節や着物の色を選ばないことです。夏の始まりなら爽やか色の着物と。

着物は8月にはちょっと沈むかなと思える松煙染小紋の浴衣。やや厚手です。

暑い/涼しいの微妙な時期には落ち着いた色の浴衣や綿麻着物が案外重宝します。

Cai_1478

帯も着物もバリバリの夏物ですが、シックな色合いにまとめれば秋めいた装いに。

【今日は肌寒いと思ったら】

さすがに夏帯では寒々しい、そんなときはこちらで。

Cai_1481

モノはなんだかわからない(紬?)けど夏に締めていた、と母からもらった帯

黒地に入ったエスニックな柄の香色と臙脂で温かみが加わります。

目も粗すぎず、つまり過ぎずで単衣にちょうど。

Cai_1484

なんだかわからない代物の母の帯もつなぎの季節にはけっこう役立ちます。

(着物を広げるとなぜか必ずタンゴcatがやって来る・・・)

|

« 訪問着や付下げをふだんに | トップページ | ヴァロットン展 »

コーディネート」カテゴリの記事

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/57240159

この記事へのトラックバック一覧です: 9月の帯:

« 訪問着や付下げをふだんに | トップページ | ヴァロットン展 »