« 今週と先々週のワイン | トップページ | 7月の帯 »

今週のレッスン

普段は外国にお住まいですが日本滞在中に着付けを習得!

今回から短期集中コースのスタートです。

海外にいると日本のことをよく尋ねられます。相手にしてみれば当然知っていると思うからでしょうが、聞かれた方はえっ?あの、え~っと(゚ー゚;

着物もしかり、周囲の期待は自ずと高まりますが・・・

Cai_1387_2

Cai_1388

海外でこそ着物です!

日本の民族衣装、世界に誇れる伝統文化、なんてったって洋服より絶対きれい、絶対目立つsign03

来月帰ればお子さまの洗礼式が予定されています。

素敵な家族の記念写真には着物で、さあ気合を入れて頑張りましょうimpactdash

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆

前回は初帯結びを体験しました。

今回からは帯も真剣勝負で行きますよ~

着物と同様、全部の手順をいっぺんに覚えようとするとけっこう汗が出ます。

まずはプロセスをいくつかに分解して仕組みを理解しながら進んでゆきましょう。

Cai_1391

Cai_1392

お太鼓を結ぶのに必要な帯締め、帯揚げの結び方はちょっとした時間を利用して洋服の上から練習する「ちょい練」がお勧めです。

ゆとりなんて全~然゚゚(´O`)°゚でもね、気づいてないかもしれませんが襦袢をさらり着て、着物も前回よりずっと手際よくなって・・・つまり着実に身についているということですnote(o^-^o)

折り返し点を無事通過、次回からは後半に突入します。もうひと頑張りですよ。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆

追記:

 日本に古くから伝わる伝統もずいぶん廃れてしまったとはいえ、お宮参り、七五三、成人式など式服として着物を着る慣習はまだまだ健在のように思います。

 そういえば普段は着物など着ない姪も息子の七五三のお祝いには母親の着物を着るってこのあいだ言っていました。

 洋服じゃなくて着物、やっぱり違うんですよね。何が違うのか・・・たぶん、着物は記憶を繋ぐから。

 今週のお二人はともに小さなお子さまがいらっしゃいます。セレモニーに着る着物が着付を習うきっかけというのも偶然同じ。

 人生の節目、家族の記念に着物を着たお母さま、それはきっといつまでもお子さまたちの記憶に残ってゆくのではないでしょうか。

 

 

|

« 今週と先々週のワイン | トップページ | 7月の帯 »

着付レッスン」カテゴリの記事

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/56713323

この記事へのトラックバック一覧です: 今週のレッスン:

« 今週と先々週のワイン | トップページ | 7月の帯 »