« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

今週のレッスン

着物を着るのは4月の披露宴以来です。

若干緊張&やや不安・・・浴衣に必要なものは何だっけ?あれ、順番どうだった?!とまあ、途中(^-^;の場面もありましたが、そうこうするうちに記憶が蘇りました。

去年しっかり覚えましたからね、そんなに簡単に忘れないですよ(*^-^)

Cai_1403

今年のモダンな浴衣には、さて、どんな帯結び?

去年の復習もよいですが、せっかくですから新バージョンでゆきましょうnote

Cai_1404_2

Cai_1405_2_2

Cai_1406_2

実はこの3種類、途中まで同じ結び方です。

帯結びにノリノリになったところで、突如昨年バージョンを思い出した(笑)

これで4種類、あれこれ変えて今年の夏も楽しむぞ~!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

来月のセレモニーに備えた集中レッスンの最終回です。

外国で暮す日本人ゆえに、何かあると「着物」を期待されて・・・う~ん、それはそれでなかなかの苦役ですね。

そのたびに直前集中レッスン→テンションを持続して当日→ホッと脱力~忘却を何度かリピート(笑)

着物はブランクがあるとたしかに忘れるものですが、そしたらまた覚えればよいのです。

そうしながら少しずつ積み重ねてゆくのもひとつの方法。

今回の着物と帯結びもここの部分、ちょっとしたコツはこれ、などポイントを押さえるレッスンになりました。

Cai_1407_2

Cai_1408

あとは当日までポイントを重点的に繰り返し練習すればok

素敵な夏着物になるよう頑張ってくださいね。

今回はご家族から「上手になったね」といわれるかもheart

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

初心者コースもあっという間に最終回を迎えました。

訪問着の着付けは元々レベルの高いものですが、淀みなく着られるようになりました。

そういえばこの日は着る時間も大幅に短縮。

これは着付けの基準が定まってひとつひとつの動作が一度で決まるようになったからです。

無駄な動きがなく着付けられたときは結果もよしsign01きれいな仕上がりですね(*^-^)

Cai_1420

Cai_1421

訪問着と袋帯をさらりと仕上げ、やっぱり夏はこれでしょ!ついでに浴衣のお稽古です。

Cai_1422

Cai_1423

なんだか違う人みたい(笑)

訪問着の緊張から一転、気楽な浴衣へ。暑い夏にはこのゆるさ加減がちょうどです。

本格着物は秋までしばらく箪笥の中で休眠になりますので、忘れ防止にも浴衣でぜひお出かけください。

お稽古お疲れ様でした!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つるみ猫

それぞれが好きな居場所でごろごろしている日が多い中、珍しく布団をシェア。

Cai_1374

シニアふたりのこの距離感は近頃あまり見たことがない。

Cai_1402

若手はベランダの日陰でつるんで和み中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のワイン

今週のワインwine

ドメーヌ ギヨン ヴォーヌ・ロマネ 2007年

(DOMAINE GUYON VOSNE ROMANEE 2007)

Cai_1398

Cai_1399

ギヨンのワインはほんとに美味しいheart

香り、酸味、甘み、タンニン・・・

エキリーブル、品格のある、という形容をしたくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のレッスン

今回から本格的な帯結びに進みます。

1に手順、2に手順、まずはお太鼓結びの流れを頭の中にしっかりインプットすることから始めます。

Cai_1394

Cai_1395

床でお太鼓作りは帯というか折り紙?

長い!厚い!とまあいろいろありますがとりあえず手順ということで。

あ、帯締め、帯揚げも結び方覚えないと。どんだけ~の帯結びですがひとまず自作完成!

************************************************

帯結び中心のレッスンです。

Cai_1403

Cai_1404

(タンゴcatちゃっかり登場)

帯はやっぱり大変。でも帯結びの前、着物のときはどうでした?

着物ってなんて大~変(笑)

今習っている最中のことが実はいつも「いちばん大変」なんです。

でも先に習った襦袢や着物がちょっと楽になったように感じませんか?

楽な分、これまで気づかなかった細部にも目がゆくようになり、あらためて襦袢や着物の奥深さを知ることになるわけですが、同時にこの段階で実力はワンランク・アップしています。

Cai_1405

Cai_1406

いつもの袋帯の後、試しに名古屋帯を結んでみます。

違う帯を知ることで袋帯がよりわかるようになりました。

最後の難所、帯結び克服まであと少しscissors

***********************************************

今週2回目のレッスンです。

帯結びの手順に加え、力加減や手の使い方など全体把握から個々の注意へとグレードが上がりました。

襦袢や着物も毎回チェックします。問題意識はいつも大事!

Cai_1407

今回は来月のセレモニーが目的の短期集中レッスンですが、普段も着物が着られるとよいなあ~と常々heart

普段の生活に着物を取り入れるのは日本でも外国でも意識して実行しない限り、なかなか実現は難しいものです。

考え過ぎずに着てしまうのがいちばん、前進あるのみsign01

Cai_1408

セレモニーが終わったら、普段着物にゆる~い気持ちで結べる半幅帯はいかが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

私は知っている

知らないけど知っている曲があるものらしい。

流れ出した途端、これ知ってる、メロディー歌えちゃう♪

いつかどこかで聴いたじゃなくて、déjà-vu=デジャヴュの聴覚版といったらいいか…

知ってるけどなにしろ知らないもんだから誰の、なんて曲なのか知りたくなる。

通勤時間の時計が気になりつつもFMの前にどっかとスタンバイ。

不屈の神?

Cai_1396

いえ、神じゃなくて不屈の「民」でした。

フレデリック・ジェフスキー作曲、「不屈の民」変奏曲 

(FREDERIC RZEWSKY The People United Will Never Be Defeated)

チリの作曲家、セルヒオ・オルテガによる革命歌「不屈の民」を主題にした36の変奏曲。

何ゆえチリの歌を知っている?

そういえば昔ピアソラのオブリヴィオン(Oblivion 忘却)を聴いたとき妙に懐かしい、郷愁めいたものを感じたことがあった。

遠いご祖先に南米人でもいたのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のワイン

今週のワインwine

ドメーヌ・シャルル・スパール ゲビュルツトラミネール アルザス 2011年

(Domaine Charles Sparr GEWURZTRAMINER Terroir d'Alsace 2011)

Cai_1389

Cai_1392

甘め、というより前のゲビュルツが普通より甘くなかったのか。

ラ・プスドール サントネイ 1級畑 クロ タヴァンヌ 2009年

(La Pousse d'Or SANTENAY 1er CRU CLOS TAVANNES 2009)

Cai_1394

Cai_1395

色はボルドー、味もボルドー的パワフル。香りはブルゴーニュでした。

それにしてもずんぐりしたボトルだこと。

winewinewinewinewinewinewinewinewinewinewinewinewinewinewinewinewinewinewine

人間たちがワインにかまけていたら下から厳しい目線・・・

Cai_1393

cat: いいから早くチーズ!!

 

続きを読む "今週のワイン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のレッスン

初心者コースも後半に入りました。

前回にひきつづき着物~帯結びまでの繰り返し練習をします。

Cai_1387

ここがどうも・・・そんな苦手なところこそ真っ向勝負!

納得してクリアーにしながら進んでゆくことが大事です。

地道な努力ですがやはり基本が第一、ここでやっておけば後で楽できるし(笑)、急がば回れ(o^-^o)

Cai_1388

二重太鼓もずいぶんスムーズになってきました♪

訪問着に袋帯、初心者さんには決して低いハードルではありません。

ひとつひとつ着実に、結果は必ずついてきます。頑張りましょうscissors

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

短期集中レッスンの2回目です。

着物、帯とも来月のセレモニーで着用するものを実際に使って実践を想定したお稽古をします。

Cai_1396

これまでも何度か着物を着ていらしたため、質問も的確です。

疑問を解決しながらどんどん進みましょう。

Cai_1397

お太鼓結びも試しに体験。

日本滞在中のタイムリミットがあるので、レッスン⇔自宅で復習のリピートになりますがここは気合を入れて集中dash

暑い時期で大変ですが頑張って~punch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

修了!

初心者コースも最終回を迎えました。

袷の季節から始めたレッスンの最後は浴衣。

Cai_1395

浴衣ポイントを押さえればあとはいつもどおりです。なんだか拍子抜けするくらいあっけなく着られてしまったけれどいいんでしょうか?(笑)

それでは楽した分、頑張って帯結びを2つ覚えましょう♪

可愛いリボンタイプとお太鼓風、同じ半巾帯でもまったく違うイメージになりました。

Cai_1394_2

Cai_1396

着付けの習得に加え、袷、単衣、浴衣と1年ひと廻りの着物前種類を制覇ですsign03

帯結びもお太鼓結びと今日の半巾で計3通り覚えました。これだけ知っていればTPOに応じて自由自在に着物と帯の組み合わせを楽しむことができます。

旅先もあり?―もちろんscissors夢でも願望でもなく、もう現実ですよ。

季節とともにこれからもますます着物を楽しんでくださいねヽ(´▽`)/heart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月の帯

梅雨明けまでもう少し、いよいよ本格的な夏がやって来ます。

5月に夏日があり、10月になってもなかなか気温が下がらないこの頃ですが夏!!を満喫するのはやはり7月、8月ですね。

着物の装いも晴れればこっち、雨降りなら濡れてももいいこっち、と梅雨空同様に鬱陶しかった着物選びもなくなり、思いっきり夏支度を楽しむことができます。

夏空の広がった7月にはさて、どんな帯を締めましょう。

私は迷わずこれ!

Cai_1398

単衣~夏の時季の博多帯です。

水辺の枝に止まったカワセミは一見刺繍のような織り柄で、水面にはキラキラと輝く水の反映がいく筋か織り込まれています。

マイ・スタンダードからすると袷の時季にはまず選ばないでしょうねえ、こういうタイプは。

普段は近寄らない色や柄になぜか魅かれ、吸い寄せられるのが夏の不思議です。

季節が巡ってくるたびに締めたくなる帯、そんな1本ですね。

すっきりした夏空のようにブルー系で合わせてみました。

Cai_1397

Cai_1401_2

藍色の着物は近江の麻、薄青緑の型染めは綿麻です。

【カワセミのおまけ】

ちょっと気になってカワセミについて調べてみました。

ブッポウソウ目カワセミ科カワセミ属に分類される小鳥で水辺に生息する。名称は「川に棲むセミ」から。

古くは町中でも普通に見られたが、高度経済成長期の環境汚染で都心や町中では見られなくなった。近年、水質改善が進んだ川では東京都心でも再び見られるようになった。

「渓流の宝石」とか漢字表記の「翡翠」の所以となった青色は色素によるものではなく、羽毛にある微細構造により光の加減で青く見える。これを構造色といい、シャボン玉がさまざまな色に見えるのと同じ原理(以上wikiより)

あの青が色素じゃないって?ホ~~、よくわかんないけどなんだか面白い(゚▽゚*)

かれこれ10年前に埼玉にも住まいができ、たまたま家のすぐ前を流れる川でカワセミを見ました。最初に見たのが夏だったのとあの鮮やかな青とオレンジの色から夏鳥と勝手に思い込んでいましたが、それは北海道だけで他の地域では留鳥として1年中見ることができるんですって!

ここで突如鳴り響いた↓

notes笑いかわせみに話すなよ ケララ ケラケラ ケケラケラ とう~るさいぞ~notes

この童謡、もう知らない人が多いのかなあ(^-^;

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のレッスン

普段は外国にお住まいですが日本滞在中に着付けを習得!

今回から短期集中コースのスタートです。

海外にいると日本のことをよく尋ねられます。相手にしてみれば当然知っていると思うからでしょうが、聞かれた方はえっ?あの、え~っと(゚ー゚;

着物もしかり、周囲の期待は自ずと高まりますが・・・

Cai_1387_2

Cai_1388

海外でこそ着物です!

日本の民族衣装、世界に誇れる伝統文化、なんてったって洋服より絶対きれい、絶対目立つsign03

来月帰ればお子さまの洗礼式が予定されています。

素敵な家族の記念写真には着物で、さあ気合を入れて頑張りましょうimpactdash

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆

前回は初帯結びを体験しました。

今回からは帯も真剣勝負で行きますよ~

着物と同様、全部の手順をいっぺんに覚えようとするとけっこう汗が出ます。

まずはプロセスをいくつかに分解して仕組みを理解しながら進んでゆきましょう。

Cai_1391

Cai_1392

お太鼓を結ぶのに必要な帯締め、帯揚げの結び方はちょっとした時間を利用して洋服の上から練習する「ちょい練」がお勧めです。

ゆとりなんて全~然゚゚(´O`)°゚でもね、気づいてないかもしれませんが襦袢をさらり着て、着物も前回よりずっと手際よくなって・・・つまり着実に身についているということですnote(o^-^o)

折り返し点を無事通過、次回からは後半に突入します。もうひと頑張りですよ。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆☆★☆

追記:

 日本に古くから伝わる伝統もずいぶん廃れてしまったとはいえ、お宮参り、七五三、成人式など式服として着物を着る慣習はまだまだ健在のように思います。

 そういえば普段は着物など着ない姪も息子の七五三のお祝いには母親の着物を着るってこのあいだ言っていました。

 洋服じゃなくて着物、やっぱり違うんですよね。何が違うのか・・・たぶん、着物は記憶を繋ぐから。

 今週のお二人はともに小さなお子さまがいらっしゃいます。セレモニーに着る着物が着付を習うきっかけというのも偶然同じ。

 人生の節目、家族の記念に着物を着たお母さま、それはきっといつまでもお子さまたちの記憶に残ってゆくのではないでしょうか。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週と先々週のワイン

今週のワインwine

アントワーヌ エ ラシェル オリヴィエ ニュイ・サン・ジョルジュ レ ダモド 2009年

(Antoine et Rachel Oriver NUITS-SAINT-GEORGES LES DAMODES 2009)

Cai_1389

Cai_1390

先々週のワインwine

ドメーヌ・ジャン・タルディ・エ・フィス シャンボールミュジニー レ ザテ 2008年

(Domaine Jean Tardy & Fils  Chambolle Musigny Les Athets 2008)

画像がどこかへ行ってしまいました(^-^;

エレガント系の口当たり、2008年にしてはやや硬めか。開くのが遅いタイプかと思ったら最後まで同じだった。あと数年置いてからでもよいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虫よけ

都心のマンション暮らしをしていると夏場の蚊に悩まされることは少ない。

まして私の住まいは12階だ。そうしょっちゅうお出ましになるわけではない。

が、暑くなり始めの頃とそろそろ寒くなってきた10月~11月頃に必ず一日二日、あのブィ~~ンという羽音で睡眠を邪魔される日がある。

とにかくしつこい。そうこうするうちに刺されてもいないのにあちこち痒なってくる。

結局起き上がって電気を点ければ、時計の針は2時とか4時とか(*`∧´)

白い壁に止まっている蚊を運よく発見して退治できればラッキーだが、しばし忍耐で待ち伏せしてもこれがなかなか現れない。

諦めて寝ようとすると再び羽音をさせて顔の辺りを横切ったりする\(*`∧´)/

この夏は1週間のうちにすでに3度、これだけでもいい加減寝不足になるというものだ。

なにかよい方法はないものか・・・

最近、水に溶けるもの(石鹸、台所・洗濯洗剤)、空中に撒き散るもの(掃除用洗剤、消臭・殺菌スプレー、お香、アロマオイル)の匂いがどうも気にかかる。

天然ハーブ、アロマの香りをうたっている類も作りものめいている。もしくは強烈過ぎる。

植物由来など、自然の成分による香りは好き嫌いはあってもまがいものの嫌な匂いはしない。それに自然の香りはずっと残り続けたりせず、時間とともに薄れて消えてゆく。

この匂いへの過敏な反応は着物を着るようになり、ついで普段の肌着やパジャマをシルクに変えてからさらに顕著になったような気がする・・・

今シーズンの蚊はどうもストーカー度が高いようだ。このまま寝不足にただ悩まされていてもしかたない。

ベープやスプレーはどんなに良い香りがついていてもNG、蚊取り線香はよいけど少々匂いがきついし、今年中に使いきれそうもない。それにうちにはベッドを共にする愛猫catheartだっているのよ!

Cai_1360

結果、火も電気もいらない/煙がでない/開封後2~3ヶ月有効(ひと夏使える!)の天然ユーカリ成分の虫よけジェル「蚊来無」(カコーン)に決定。

さて、効果はいかに?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルバーブのタルト

「曇り時々一日のうちどこかで豪雨」の梅雨空が続いている。

お天気は変だけど、今年もまたみらべるからルバーブのタルトが届いた。

Cai_1357

秋の無花果のタルトとともにわが家の定番、夏の楽しみになっている。

蒸し蒸しした陽気にはこのルバーブのさわやかな酸味が美味しい。

漢方薬の大黄の親戚らしい。

食物繊維が豊富、カルシウム、ビタミンCが多く含まれたアルカリ性の野菜。

私には嬉しいことだらけのルバーブだけど、お砂糖を加えて煮るとこんなに甘酸っぱくて美味しいお菓子になるなんて、蕗のような無骨な見かけからはちょっと想像できない。

Cai_1365

季節の実りを今年もありがたくいただきま~す(*^-^)

おまけ:そろそろお終いのさくらんぼcherry

Cai_1362

八百屋さんへのさくらんぼ通いもそろそろエンディングが近づいた。

最後のほうは黒っぽさと甘みが増して美味しくなった。

\280/gから始まってこのあいだは\170/g、買う量が気前が良くなった。

スーパーものは今年は全然単価が下がらなかったけど何故だろう・・・流通経路によるのかな?

初ものは高く、出盛りにはだんだん安くなっていってやがて終る、そしてまた来年まで会えない。

昔はそれが当たり前だった。この八百屋さんに行くとそんな当たり前を思い出させてくれる。

さくらんぼ通いはあながち良心的な単価に魅かれてだけではないのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雷はどうも・・・

今年の梅雨はしとしとどころか土砂降りの豪雨にいつなんんどき見舞われるか気が気じゃない。

遭うも遭わぬも運次第、折角準備した傘もレインブーツも役立たずの凄いのに当たったら不運と諦めるよりほかあるまい。

平日の日中、大きなビルの中の仕事場にいる限りはさほど気にならない。高みの見物を決め込むか、あるいは知らないで過ごしてしまうこともある。

たまたま家に居た週末、raintyphoonthunderに遭遇した。

俄かに空が暗くなり、慌てて洗濯物を取り込むのと同時に滝のような雨と大音響の雷が鳴り出した。

窓も全部閉めたし、よっし、ん?

Cai_1373_2

あれ、もしかして

Cai_1371_2

ミュゲさん、雷嫌いだったんだ?

尻尾がchairからはみ出してるよ。ま、いいか。

雷、早く遠くいけ~punch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »