« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

今週のワイン

久しぶりのワイン記事です(飲むのをサボっていたわけではなく、書くのをサボっていただけ)。 

が、その前に、

Cai_1205

昨晩からの東京タワー

なに、この青赤白の変な並びは?と思ったら某大国大統領の来日に合わせ、星条旗を表したものなのだそうだ。ふ~ん、ちょっと無理があるんじゃ・・・

で本題です。

今週のワイン wine その1

ドメーヌ・アミオ・ギィ エ フィス 2007年 シャサーニュ・モンラシェ 1級畑 クロ・サン・ジャン

(Domaine Amiot Guy et Fils 2007  Chassagne-Montrachet 1er Cru Clos Saint Jean)

Cai_1209

Cai_1210

軽やかなベリーの香り立ちに対し、飲み口は意外と渋め

Cai_1208

こういうラベルは近頃珍しい

今週のワインwine その2

丸藤葡萄酒工業 ルバイヤート甲州シュール・リー 2012年

(Rubaiyat Koshu Sur Lie 2012)

Cai_1202

Cai_1200_2_2

麻布十番駅からほど近い割烹・和食創作料理の店へ。

ここは友人の友人のご主人のお店。一度行きたかったんです。

料理と調和すること、リーズナブルな価格をモットーにご主人自ら試飲してセレクトしているワインの中からこの日のお薦めは4種(アルザス、ブルゴーニュ、イタリア、甲州)。

甲州を選択(名前が気に入った!ルバイヤートは私の古くからの愛読書heart

品のよい香り、軽そうでコクのある味わい、全体のバランスがとてもよい高コスパの1本と見た!(飲んだ?)

Cai_1201

紅鮭のはらみのスモークと友人の大好物の生牡蠣は今シーズン最後かな。

カンパチのカマの塩焼き、美味しかったsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のレッスン

2回目のレッスンでは着物まで着てみましょう。

少し早い気がするかもしれませんが前回までのところも毎回チェックしますから、もう安心してどんどん進んでください(笑)

それに5月の半ばにプチ外出を計画しています。

お太鼓結びはまだちょっと無理かな、でも半幅なら大丈夫?

Cai_1204_3

ということで、この日のレッスンは着物+半幅帯体験でした♪

なんとかなりそう、きゃっほーヽ(´▽`)/

Cai_1205

朱赤の地の艶やかな着物はお母さまの若い頃のもの。

なぜか「あげる」ではなく「貸してあげる」。え、なんで?

さすがにこの色は…と娘としてはつっこみを入れたくなるところですが、お母さまにはきっと深~い思い入れのある1枚なのでしょう。親子2代で大切に着ていってくださいね。

つづいて、

Cai_1207

前回のレッスンからお太鼓結びに入りました♪

帯結びってただでさえ手順が多いのに、ほかにも帯締めや帯揚げの結び方も覚えないと・・・もう大~変~(;´д`)トホホ…

初回の印象はきっとそうだったかもしれません。

2度目の今回はどうでしょう。

ふむふむ、なるほど、全体像がわかると個々の流れがよく見えてきませんか?

私、けっこう落ち着いてるかも?( ̄ー ̄)ニヤリ

Cai_1206

ややこしいと思った手順も繰り返すうちにすっきりしてきました。

帯締めや帯揚げの練習は洋服の上からでも十分できますよね。

はい、ここまでくれば射程距離!

あと2回、着物も帯結びもさらなるグレードアップを目指して頑張るゾー

それが終わったら浴衣に新しい帯結びheart04と心は早くも夏に飛んでいるのでした(*^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月のコンサート

♪日本モーツァルト協会4月例会(第558回例会)♪

Cai_1201

2014年4月5日

東京オペラシティコンサートホール

ウィーン室内合奏団

プログラム

モーツァルト: セレナード第13番 ト長調「アイネクライネ・ナハトムジーク」 K525

モーツァルト: ディヴェルティメント 第10番 ヘ長調 K247

J.シュトラウス1世: ケッテンブリュッケン・ワルツ

P.I.チャイコフスキー: バレエ「くるみ割り人形」より「行進曲」「中国の踊り」「ロシアの踊り」

J. シュトラウス2世: ポルカ「観光列車」

ヨーゼフ・ランナー: ワルツ「シェーンブルンの人びと」

J.シュトラウス2世: ポルカ・フランセーズ「愛の使者」

ヨーゼフ・シュトラウス: ポルカ「騎手」

J. シュトラウス2世: ワルツ「皇帝円舞曲」

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

会場をオペラシティに移した今回の日本モーツァルト協会例会

これぞウィーンの音色!これぞウィーンのプログラム!

モーツァルトは柔らかな音色でゆったりと演奏するウィーン流がやっぱりいちばん好きheart

均等割でなく微妙にずれるワルツの3拍子も実に優雅だ。

今も楽器を続ける友人たちが「『モーツァルトの音』は出ない、CDから聞こえる音を弾いてるつもりなのに」とこのあいだ言ってたっけ。

ウィーン・フィルのトップメンバーが奏でる音は生演奏がCDのまんまの凄さ!!

つづいて、

♪ジャズ・ピアノ6連弾~ビッグバンドに捧ぐ~♪

Cai_1203

2014年4月11日

サントリーホール

佐山雅弘/小原孝/国分弘子/塩谷哲/佐藤允彦

ゲスト:  龝吉敏子

プログラム:

New Reborn Blues

Big Band Theme Medley

Rhapsody in Blue

3 min solo per person section

Long Yellow Road

Solo Piano by Toshiko Akiyoshi

Take the "A" Train

Caravan

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

連弾とえいばふつう2台、が現在活躍中のジャズ・ピアニスト6名が一堂に会した6連弾、しかもゲストは世界の龝吉敏子!!

これはもういやがうえにも期待uP↑↑ですよ。

憧れ、レジェンド、リスペクトする龝吉敏子と同じステージで演奏する喜び♪

なによりこの夜の演奏者自身が楽しみ、嬉しさにあふれながら演奏しているのが伝わってくる素敵なコンサートだったheart04

このセッションは2005年から始まり年々進化しているらしい…う~ん、楽しみがまたひとつ増えてしまったわ~(*^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のレッスン

週末の結婚披露宴に備えてレッスンです。

そういえば・・・着付けのお稽古を始めたのは去年の今頃でした。

まさか自分で着物を着て披露宴に出かけるなんて、あの頃は思いもよらなかった!?ですよね。

今は着物にどっぷりの日々、なせば成る!

Cai_1194

だけど袋帯は昨年11月の披露宴から触ってないんです(ノ_-。)

礼装の機会はしょっちゅうあるものではありませんが、機会を利用してレッスンしておけば復習兼忘れ防止に一石二鳥ですよ。

Cai_1195

式典の着物は個性や好みは後回し、あくまで品よく、を心がけます。

上品な着物姿はご友人やそのご家族の評判まで必ずやアップup

Cai_1196

前回のレッスンでお太鼓結びに進みました。

お家では手順書と首っぴきで練習しましたsign01

ここが長い/短い?あれ、帯締めが変?

ひとりで練習するといろいろな疑問が湧いてきます。

その理由や原因を知ってひとつずつ解決してゆきましょう。

Cai_1197

着付けは初めのうちはこんなふうにとっても地道なんです…

でも気づいたら着物は着られる、帯も結べた、

そしたらほら、もう外へ出かけられるじゃないですかsign03

今週末のお出かけは着物にしようかな。 は~い、ぜひ(*^-^)

続きを読む "今週のレッスン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネコとワインと、そして着物と

今回はブログタイトルそのまま、ミックス記事です(単に分ける手を抜いた?)

ネコcat

春はネコも眠い(→通年眠い、が正しい)

Cai_1182

ぐっすり(なぜか足がぱーになって上がってる)

Cai_1186

こちらもぐっすり(手とシッポが落ちてる)

Cai_1199

相も変わらずコルク敷き鉢が好き~

あとひとり、どこへ行った?

Cai_1160

ここにいますよ~

ワインwine

Cai_1085_2

(このラベル、いいですよね!)

モンジャール・ミニュレ エシェゾー 特級畑 ヴィエイユ・ヴィーニュ

(MONGEARD-MUGNERET ECHEZEAUX GRAND CRU VIEILLE VIGNE)

偉大なるミニュレ家のワインのご相伴に与りました。

Grand Cruとはかくなるものか。

(だいぶ酔いが回っていたのかビッグビンテージは確かですが年は忘れましたm(_ _)m)

着物 catwine

Cai_1192

Cai_1189

これは着物です(より正確には着物の背中の花紋)

家紋に対してお洒落の紋=花紋。せっかくお洒落なのだからネコとワイン(グラス)にしてもらいました。

詳しくは後日また!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春風にふと~皇居 乾通りへ

今年に入ってずいぶん忙しかった。

今年?いや数年来かも。それに時間的より精神的に、かな。ストレスはあまりためない性質(たち)と自覚しているけど、思っている以上にあるのかもしれない。

溜まりに溜まっていた新年度の仕事はここへ来てとりあえず追いついた。

これはまあ毎年のこと、ひと息つくのは決まって桜の時季だ。

金曜日、朝のうちの雨空も昼前には晴れ上がり、きれいな青空が広がった。うららかな春風も吹いている。

外を歩いてみたくなった。午後からお休みをとることにしよう♪

お花見にでも行ってみようかな(*^-^)

Cai_1172

Cai_1170

さて、ここはどこでしょう?

Cai_1168

これがかの宮内庁、へぇ~

場所はちょうどこの日から一般公開された皇居の乾通り、でした。

Cai_1171_2

Cai_1176

坂下門へ入るまでの待ち時間が1時間超、その後荷物検査にボディーチェック

仕方ないですかね。

Cai_1173

中もこのとおりの人出。

まあいいわ、今日はただただのんびり、ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のレッスン

今週は3名の方がレッスンにいらっしゃいました。

お一人目のかたはこの日からお太鼓結びへと進みます。

手順の多さにまずびっくりw(゚o゚)w

でも出来上がったときのすっきりした美しさはやはり魅力ですね。

着物を着る以上はマストのお太鼓結び、頑張って覚えてしまいましょう♪

☆3月のフランス旅行では着物+半幅帯を2回着ました。Superbesign01

Cai_1163_2_2

Cai_1162_2

つづいてお二人目のかたは本日から初心者コーススタートです。

同僚のお誘いで着物でお相撲観戦に行きました。

そのときは叔母さまに着付けてもらいましたが、やっぱり自分で着られるとよいなあheart04

そうですよね、自分で着られればいつでもどこへでも、好きなときに出かけられるんですもの。

一歩踏み出せば憧れは現実に。夏前までに習得!

Cai_1164

Cai_1165

お三人目のかたはやはり今回からお太鼓結びへ。

着物にとてもよく合う色の帯をゲットしましたgood

そこに乗せる小物はこれとこれ、お気に入りのコーディネートならいっそう気分も盛り上がります。

ちなみに今回は明るい黄土色の着物、白みの緑に上品な金糸で鶴が織られた帯、薄グレイの帯揚げ、渋い桃色の帯締め、こんなにいろいろな色が入っているのにしっとり上品なのは着物のなせる業。

練習も楽しみながらマイペースで行きましょうね♪

Cai_1167

Cai_1166

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »