« 今週のレッスン | トップページ | 微妙な色たち »

両国から丸の内へ

寒さがすっかり戻り朝から雨模様の日曜日。

雪にならなかっただけましか(2月の大雪に懲りてもうたくさんと思うのは雪のない土地に住む人間の身勝手な言い分だ)。

雨にもめげず、目指すのは本日最終日、江戸東京博物館で開催中の「大浮世絵展」。

お天気悪いし寒いし、少しは人が…微かな期待はやはり甘かった。

国内外から選りすぐられた綺羅星のごとくの浮世絵展だから、まあ、もっとも。

Cai_1132

この表現力のユニークさ!

溌剌、自由闊達、奔放、それでいて完璧に計算された構図。

浮世絵も、それを作った江戸人もすごいわあ。

Cai_1128

両国駅に飾られている関取の手形。

お相撲に統一された駅界隈がなかなか面白い。

来週と思っていたけれど、どうせここまで来たからこのまま丸の内へ回ろう。

Cai_1130

東京駅はいつ見てもよい。

「ステーションホテルが再オープンしたらまたあのティールームへ行こう!」―友人との約束は今だ果たせないでいる。

新丸ビルに入っているArts & Scienceへ取り置きしてもらったスチームクリームを取りに寄る。

Cai_1136

ブリキ缶の容器は時々色が変わってコレクターもいるらしい。

前回のブルーから実際は写真よりずっと濃いクロームイエローに。

しばらく前からこれでもかこれでもかと堆積されるプチな不快もここまで来ると笑っちゃう、そんなことはどーでもよいから、ラベンダーが仄かに香るクリームをたっぷりすりこんで今夜はぐっすり眠~ろっと。

|

« 今週のレッスン | トップページ | 微妙な色たち »

めでる(美)」カテゴリの記事

日々つれづれ(暮)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/55207411

この記事へのトラックバック一覧です: 両国から丸の内へ:

« 今週のレッスン | トップページ | 微妙な色たち »