« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

藤山千春さん

先週末、大井町きゅりあんで開催の「伝統の技と味 しながわ展」へ出かけました。

東海道の宿場町だった品川には今も多くの伝統工芸が受け継がれています。

品川職人組のメンバーとして参加している帯職人の溝口さんに母の羽織を帯に変える相談に伺います。

ブースへ直行したところあいにく留守、お昼に出てしまったかしらと思っていると隣で何やら始まる様子です。

Cai_1017

わっ、藤山千春さん!!

そう、吉野間道の織手としては現代最高峰といわれる藤山さんも職人組のメンバーなのです。

ミニレクチャーが始まるところにちょうど行き合わせたようでこれはラッキー♪と着席。

くらくらしてきそうなほど根気のいる手間と準備、苦労のほうが多い仕事を50年も続けてこられたのはただ美しいものを創り出したいという一念から。

Cai_1026

Cai_1024_2

まず糸を染めるところから。糸はすべて自然の草木染めです。

興味深かったのはこれまでの作品の中で最高に美しいと思えたものはの質問に、たまたま糸の掛け方を間違えたり、同じ色糸が足りなくなって他を代用したとき、思いもかけない美しいものが生まれたと仰っていたことです。

それは私が計算し尽くして作ったものではない、偶然によって与えられたもの、とも。

そんな出会いがまたしたくて織る…

Cai_1025

機織りの実演

藤山さんの間道は美しいだけでなく、どこか凛とした意志のようなものがあると思っていたけれど、なるほど、こういう藤山さんだから織れるんですね。

ちなみにこの日お召しになっていたのは自作の淡い茜の地に段を織り込んだ着物と茶色の吉野間道の帯でした。

それにしても品川~西大井界隈にこんなにたくさんの職人さんが。

面白かったのは、藤山さんがわからない仕立てのことは「じゃ、ちょっとそこへ行って聞いてみましょう」と溝口さんのところへ、今度は仕立て前に洗ったほうがよいかどうか溝口さんが「ちょっとあちらに聞いてみましょう」

なんだかまるで長屋みたい(笑)この会場を一回りすればすべて用は足りそうです。

昔は町のあちこちにこんなエリアがあったんでしょうねえ。

何に出演するのかな?

会場にいた小さいながらも凛々しい袴姿のお二人。

Cai_1018

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本モーツァルト協会2014年1月例会(第555回)

日本モーツァルト協会1月例会 《シュタードラーに捧げた最後の奇跡》

2014年1月27日 東京文化会館小ホール

指揮・バセットクラリネット: チャールズ・ナイデック

東京フィルハーモニー交響楽団

プログラム:

1. 弦楽のためのアダージョとフーガ ハ単調 K546

2.交響曲 第21番 イ長調 K134

3. 交響曲 第27番 ト長調 K199(161b)

4. クラリネット協奏曲 イ長調 K622

クラリネットの音色はこんなに良いものだったか、30代半ば、ひたすら聴いて聴き抜いたのモーツァルトのクラリネット協奏曲とクラリネット五重奏曲・・・深い思い出のある曲です。

2013-2014の例会はなんだかんだと日が合わず、久しぶりの今回はモーツァルトの258回目のバースデーと重なりました。

ナイデックのクラリネットは、でどう?♪だからさ♪でしょ!♪な~んてまるで喋っているみたい。とても楽しい演奏でしたnote

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のワイン

今週のワインwine

今年も飲みます(*^-^)scissors

のっけからわが家としては非常~~に珍しい白登場!

レオン・ベイエ 2011年 ゲヴュルツトラミネール(Leon Bayer 2011 GEWURZTRAMINER)

Cai_1027_2

Cai_1028

ライチの香りが心地よいアルザスワイン

Cai_1030

Cai_1029

続いて赤、

ベルトラン・アンブロワーズ 2008年 ニュイ・サン・ジョルジュ 1級畑 クロ・デ・アルジリエール

(Bertrand Ambroise 2008 Nuits-Saint-Georges 1er Cru Clos des Argillieres)

アンブロワーズのワインは美味しい。

色・香り・味わい、どれをとっても奥ゆかしさや気品があると思います。

ところで何ゆえ白?どうしてアルザス?

だって家人が今週注文したチーズは、ゲヴュルツトラミネールで洗って熟成させたチーズ(フロマージュ・オ・マール・ド・ゲヴュルツトラミネール)というではないか!

洗っているワインのほうも飲んでみたいなあ♪

で、ありがたいことに追加調達してくだされた。

花のような甘~い香りのワインとチーズの相性はもちろんバッチリ◎でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幸せな冬風景

どんなに寒い冬だって、

Cai_1003

ときには布団の上で、

Cai_0999

ときには椅子にもたれて、

Cai_0994

陽だまりを次々移動で今日も幸せ猫日和cat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目標はお太鼓結び

ご自分で着物を着こなせるよう、帯は手始めに半幅からということでレッスンをお申し込みいただきました。

が!当日はお着物に半幅帯で登場ーーあの、十分着られてますけど(笑)

今回の最終ゴールはお太鼓結びとのこと。

あ、じゃ、名古屋帯でお太鼓、それでゆきましょ!!半幅はそのついでに、

とプログラムを急遽変更しました(o^-^o)

Cai_1005

着丈、シルエット、おはしょりの始末など

まずはよりよい着付けためのポイント・チェックから。

Cai_1004

帯は床で作ってから背負って結ぶお太鼓体験をしていただきました。

Cai_1006

最後はいらしたときの半幅帯がちょっと違う形に。

はい、これで1種類完成scissors

お祖母さまもお母さまも着物に親しまれ、着物が当たり前にある…なるほど。

現代ではかなり希少で貴重な環境ですね。

それでは次回、お太鼓結び習得を目指して頑張りましょう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成人式

去年は大雪の成人式でしたが、今年はすっきり青空が広がりました。

美容室Aimで新成人お二人の着付をさせていただきました。

Cai_0992

0113

Cai_0991_2

お二人の振袖や帯はご親類やお母さまがお召しになったものです。

きっとご家族がそれぞれに想いを込めて選ばれたものでしょう。

その着物がこうして成人の節目に受け継がれてゆく。素晴らしいことですね。

清々しく、晴れやかにどうぞ今日一日をお過ごしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年は

カレンダー通り6日から仕事始め、いきなり佳境に入り込むのはまあ例年のこと、今年も怒涛のように1週間が過ぎ去った。

20年以上の変わらぬパターンだから普通に過ぎたともいえる。

いやいや、1週間が終ろうという時になって突然PCが挙動不審に陥った。

こ、困る、今だけはやめてとSEにSOS発信。

Cai_0977

お正月を埼玉の家でたっぷり陽射しを浴びて避寒した老猫たちだったが

Cai_0984_2

枕が替わって(笑)ちょっとお疲れタンゴ

Cai_0981

手、落ちた

どこに居ても1年毎日が日曜日の羨ましいあなたたちよ。

今年も元気で長生きしてちょーだい。

☆☆☆密かな今年の目標☆☆☆

積年の身体の酸欠状態を改善する…とにかく健康第一、昨秋から実行中

断捨離…たしか去年も。春頃には失速…今年は!

友人、幼なじみ、恩師、長いことご無沙汰の人に会うこと

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年

明けましておめでとうございます。

Cai_0972

2014年がみなさまにとって健やかで素晴らしい年になりますよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »