« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

今年もありがとうございました

Cai_0995_2

2013年もとうとう最後の1日になりました。

今年、そしてこれまで小径にお出でくださった方々、

ほんとうにありがとうございましたm(_ _)m

着物を着ることで日常がこれまでより楽しく、豊かになったと感じていただけたらこんなに嬉しいことはありません。

限られた時間、限られた人数の我侭教室ですが来年もまたどうぞよろしくお願い申し上げます。

新しい年が皆様にとって素晴らしい年になりますよう。

どうぞよいお年をお迎えください。

2013年12月31日 きものの小径cat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイカラーはオレンジ

秋から始めたレッスンも今回でとりあえず修了です。

名古屋帯はもちろん、袋帯で二重太鼓、着物で京都旅行もsign03

目標、上方修正で達成ですね、おめでとうヽ(´▽`)/

Cai_0991

好きな柄は青海波、好きな色はオレンジheart

着物を着る上で自分の好みを見つけることはとても重要です。

明るいオレンジがとってもよくお似合いですよ♪

Cai_0992

袋帯は礼装に限ったものではありません。

青海波の地紋の色無地に袋帯なら、これから年末年始にかけてちょっと気張って出かけるコンサートや新年を過ごすにはうってつけの組み合わせです。

さあ、あとは実践あるのみ、来年もますます着物を楽しんでくださいね(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Joyeux Noel

Joyeux Noel・Merry Christmas・メリークリスマスxmasbell

Cai_0989_2

キラキラしたスノーボールの中に猫がいっぱい!

Cai_0990_2

Cai_0987

切手も素敵!

皆さん、カードをありがとうございますsign03

どうぞ楽しいクリスマスをお過ごしくださいcat

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のワイン

今週のワインwine

シャンパーニュ: デュバル・ルロワ レディ ロゼ(Duval Leroy Lady Rose)

赤ワイン: ポール・レイツ 1994年 シャトーヌフ・デュ・パプ

 (PAUL REITZ 1994 CHATEAU NEUF-DU-PAPE)

Cai_0983

前倒しクリスマス、連休のrestaurantは一応それっぽく。

醤油麹和えミックスナッツを乗せたアボカド、茹でアスパラに柚子胡椒マヨネーズ、手羽とジャガイモのローストにサラダ、

それっぽいのはローストだけであとはま、いつもと同じか(^-^;

中央のド派手なピンクボトルがロゼ。

甘い。食後のデザートにちょうどかも。

Cai_0985

ネゴシアンものもこのP.レイツやL.ジャドあたりなら外れない。

シャトーヌフのイメージを裏切る繊細な味、まろやかなのは時のなせる技か。

Cai_0986

こんなシャトーヌフならモンドールとも相性Bon

ワインで練りこみ、シナモンやクローブを効かせたパンとの相性がこれまたBonheart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンフォゲッタブル・コンサート

先週末は12月恒例、所沢ミューズで開催の国分弘子ジャズ・トリオによる”アンフォゲッタブル・コンサート”へ。

もみの木、アメージングブルースのピアノソロで始まり、このトリオの挨拶代わりともいえるオリジナル曲”ジプシーバロック”で早くも盛り上がる(*゚▽゚)ノ

Cai_0981

第1部のゲストは渡辺香津美、乗りに乗ったセッションが会場にはじける。

第2部はスターダスト・レビューの根元要、ゲストというより殆ど主役ばりのMCを入れながらスタンダードにオリジナル曲に雰囲気はさらに上昇upwardright

最後は全員によるセッションで、こういってはなんだけどこの日の場所と聴衆の平気年齢を考えると異常な熱気。こんな組み合わせで聴けるってかなり幸せ?

このトリオのキャラクターか、ゲストを巻き込みながら妙にアットホームに進行してゆくのも楽しい♪

去年につづき今年2回目めだったけれど、これは来年も聴かなくちゃheart04

おっと、その前にもう一度、来年2月、ご近所の文化創造アトリエ・アミーゴでコンサートがある。

定員100名、料金2千円、家人はよほど気に入ったらしく平日発売のチケットを会社遅刻して手に入れた!

Cai_0976

Cai_0974

ミューズのイルミネーション

Cai_0951

Cai_0952

これは先々週の博多駅前

全然関係ない先々週の通勤路

Cai_0967

| | コメント (2) | トラックバック (0)

博多~西村織物

師走の最初の日曜日、友人と博多を訪ねました。

Cai_0953

九州初上陸!

1日目は櫛田神社と伝統工芸館、町屋ふるさと館へ。

Cai_0950

櫛田神社の常設飾り山笠

山笠はビデオで見てもド迫力impact

2日目は大宰府へ。

Cai_0954

鳥居前の御神牛

Cai_0957_2

心字池に架かるお太鼓橋

合格祈願には遥か昔に縁が切れた今、ひたすらお祈りするのはただ健康!!

もうひたすら健康!!お守り買いましたよ~

次は今回の旅のメイン、二日市の博多献上館にしむらへ。

着物ファンにはお馴染みの博多織の老舗、西村織物の直営店です。

同じ敷地内の博多織の工場も見学させてもらいました。

今は夏帯を織る時期だそうで半幅帯をはじめ、いろいろな帯が織られていました。

単の半幅帯なら約1時間半で1本織り上がるそうです。

ただしそこへ辿り着くまでの準備工程はその何倍も!

機械織といっても緯糸を交換するときの人の手加減によって織り上がりに差が出て、完全な機械織はないのだそうです。

献上館には着物まわりだけでなく、ドレスやストールなども。

博多には伝統と新しい感覚の新旧が共存しています。

博多ラーメンに餃子、ごぼう天うどん、ぜんざいに焼きたての梅が枝餅、食べる楽しみも満喫充実の博多1泊旅行でしたヽ(´▽`)/heart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末は礼装

披露宴もいよいよ今週末に迫りました。

直前レッスンで礼装デビューの最終確認です。

Cai_0958

前回やや胴回り部分にくびれができたので補正のタオルを1枚追加しました。

かなりの厚みでしたが、着上がればむしろすっきり!

Cai_0959

前回やや不安だった二重太鼓も手順バッチリ、OKscissors

礼装の場合のお太鼓は普段よりこころもち高め・大きめにするのがポイントです。

春から始めて年内にフォーマルまで、本当によく頑張りました(拍手)

さあ、あとは当日、実力を信じて臨めば大丈夫ですsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のワイン

今週のワインwine

ドメーヌ・ギヨン 2007年 ヴォーヌ・ロマネ 

(DOMAINE GUYON 2007 VOSNE ROMANEE)

(※いつもアクサン抜き表記で失礼します)

Cai_0974

ブルゴーニュ好きになった頃、M.グロとともによく飲んだのがギヨン

Cai_0975_2

Cai_0976

裏ラベルのワイン街道も楽しい♪

昔よりエレガントになったような気がするけど、やっぱり今でも好きなタイプ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月

なんのかんの今年も12月…おそろしい。

このあいだ同世代よりちょっと上?のひとと、いつからこんなに1年が早くなったのかが話題になった。

20代なんて全然、30代?たいして、やっぱり40を越えたあたりからだろうかという結論に達した。

諸先輩によれば、この現象は以後ずっと続き、しかも加速度を増すとか…おそろしい。

年々短くなる一方の1年だけど、自然界の実りは律儀に巡ってきてくれる。

いや、異常気象続きの日本の気候に彼らだって相当面食らっているはずだけど。

毎年佐渡から送ってもらうおけさ柿は10月まで続いた残暑で今年は収穫が2週間も遅れたそうだ。

Cai_0971

1箱めは早々に食べ切り、これは2回め。出始めより早く柔らかくなるので割高だけど小さい箱で送ってもらった。

渋柿だから店頭に並ぶことはまずないだろう。外見も美人揃いとはいかない。でも私はこの柿が好きだ。

かかっているであろう手まひまを考えると、こんなお値段でよいんだろうかと時々申し訳なく思ってしまう。

今年の出来はどうだったろうと気にしながら、冬の初めの楽しみになっている。

もうひとつ、季節の果物をお菓子やジャムにして届けてくれるみらべるも今や私の定番だ。

こちらも見かけは素っ気ない。でも材料の果物選びから、ひとつひとつ丁寧に作られているのがとてもよくわかる。

Cai_0965

この季節にはいちじくのパイ。果物とクリームの甘さ・柔らかさにカラメルのカリカリッとしたほろ苦さ。美味しい。

いつも試食用にと小さなジャムの壜を分けてくださって、今回は洋梨が入っていた。

Cai_0967

初夏のルバーブがすっかり気に入ってしまい、その後、軽井沢の某老舗のものを買ってみたけれど私はみらべるに軍配paper

さあ、柿といちじくのパイが届けば今年もそろそろお終い。また転がるように年末へ突入かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »