« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

今週のワイン

今週のワインwine

ジャン・マルク・ボワイヨ 2000年 ヴォルネイ 1級畑 ル・ロンスレ

(Jean Marc Boillot 2000 Vornay 1er Cru Le Ronceret)

Cai_0854_2

重厚感のある正統派の香り

Cai_0856_2

ピリリとかなり辛めでした。

開き足りなかったかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミント・ブーム

この夏はミントにはまっている。

Cai_0854

精製水にはっか油と過酸化炭酸塩を溶かした自家製スプレー液でせっせと汗拭きに勤しむ、

Cai_0862

バスタイムはDr.ブロナー社のミント石鹸

お風呂上りには洗面器に張ったぬるま湯にはっか油を一吹きしたものを浴びてさらなる清涼感を味わう、

Cai_0856

仕上げはメントール入りボディーパウダー

このPrickly Heatはタイでは昔から使われているものらしい。

大手ネット通販で探したがすべてSOLD OUT、しつこく検索していたらタイのお土産を扱うショップが見つかった。

送料を入れてもタイから直送のほうが安かった、ってなんか変…

Cai_0857_2

生ハーブのミントを買い込み、ポットにどっさり入れてミントティーを淹れる。

パリのモスケ(=モスク)のオープンカフェで飲んだ甘~いミントティーが懐かしい。

ま、家で淹れるときは砂糖抜きだけどね。

Cai_0708_3

うちのミント(※季節物ではありませんcat

Cai_0860_2

今治のタオルマフラーもポイントセールになった小千谷縮もミント色!

急に変わるはずもない週刊天気予報を毎日眺めては┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

どこまで続くミントブーム、暑いの嫌い、早く終われ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘れないように

浴衣は何度も着ているけれど、せっかく覚えた着物を忘れたくない…

初心者コース終了からほぼ1ヵ月ぶりのレッスンです。

Cai_0851_2

浴衣を着ているから大丈夫と思いきや、え~~うっそ~!?(笑)

そう、着ないと忘れてしまうのが着物、なのです。

Cai_0852

お太鼓結びまで無事完了、よかったヽ(´▽`)/

こうして時々チェックを入れておけばすぐに思い出すことができます♪

ついでに半幅帯の結び方をもう一つ覚えちゃいましょう。

Cai_0853_2

歩くとたれ先と飾り紐が背中で揺れるのが可愛げです(*^-^)

裏表の色の出し方も工夫してみてくださいね♪

☆今回の着物と帯☆

白地に墨描きの磯風景がたいへん粋な着物と帯です。

おばあさまのものだそうです。

お対なのはおそらく踊り用として揃えられたのではないでしょうか。

帯を泥金に変え、足元は黒のエナメル草履、メタリックな小ぶりのパーティーバッグ…

艶っぽい着姿を思わず想像してしまいました。

もちろん今ではありませんよ、あと15年くらい先でちょうど、かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週のワイン―夏休み篇

先週末から取った短い夏休みは猛暑のピークとバッチリ重なりました(;;;´Д`)ゝ

終る頃には首周りにあせもができて、う~、なんなんだか。

猛暑の夏は適度にエアコンの効いた仕事場で机にへばり付き、極力外へ出ないのが最も賢明な過ごし方かも~

プチな夏休みのメイン・イベントはやっぱり美味しい食事restaurantとワインwineです。

今週のワインは伊豆のオーベェルジュ ル・タン(Auberge Le Temps)の夏休み篇。

Cai_0841

今年は伊豆も暑いこと。

ウェルカム・ドリンクのハイビスカスとローズヒップのアイスハーブティーが心地よく喉を落ちてゆく。

そして、

今週のワインwine

ジャニアール・マルセル・エ・フィス 1998 モレ・サン・ドニ 1級畑 ブランシャール

(Jeanniard Marcel & Fils 1998 MOREY-SAINT-DENIS 1er Cru BLANCHARDS)

Cai_0843

Cai_0845

15年の古酒と構えれば、意外やさらり軽やか、素直な口当たり。

ただしサクランボやフランボワーズのそこはかとない香りは幾層にも重なり、アルコールもタンニンもどれも出過ぎずまとまっているのはやはり時のなせるわざか。

この出会いはラッキー!そんなワインかな(*^-^)

Cai_0847

ここへ来るのはこれで3度目。

毎夏ほかの候補も挙がるけれど、結局このオーベルジュにリピートするのは、

とにかく、とにかく野菜が美味しい!!

どのお皿にもシェフ自らが朝採りした野菜がふんだんに使われています。

Cai_0848

感激なのは朝食のこの一品。

まずは採れたての野菜そのものを味わい、次にコンソメを注いでスープとしていただくというもの。

スープでも食べられるよう野菜に添えられているのは温泉卵とワサビを練り込んだ小さなソーセージ。

飲んだ翌朝の中高年の胃袋にはこれがなんともありがたいのよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫いろいろ

Cai_0825_4

先週は朝晩涼風が吹いてちょっと丸まりたい気分

Cai_0822_3

で、それが何か?―いえ、別に。

Cai_0838_2

位置、替えてみました

Cai_0834

夏の定番、手出ました~

Cai_0835_2

こっちも出た~(このあと欠伸)

Cai_0798_2

今週は再び猛暑、もうあきまへん

年寄りニャ応える~

yachtfishyachtfishyachtfishyachtfishyachtfishyachtfishcancercancercancer

カメラ女子の生徒さんがまたまた写真を送ってくださいました。

ふつうのタンゴにサマータンゴ、イェーcatwave

Img_6194_2

Img_6194

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆかた便り

週末には都会の街中でも夏祭りや盆踊りの音が聞こえてきます。

仕事帰りの人ごみの中に何人もの浴衣姿を見かけると、今日は何があるのかな?な~んて(o^-^o)

以前レッスンにいらした方が素敵な写真を送って下さいました。

Img_1754

築地本願寺の盆踊り

幻想的な夜景をバックに素敵な浴衣姿ですね!

浴衣をすっきり綺麗に着こなした人は、多くの人が浴衣を着て集まった中でもひときわ目立ちます。

この夜はさぞや人目を引いたのではlovely

Cai_0831

暦の上ではもうすぐ立秋、うかうかしていたら夏はあっという間に終ってしまいます。

猛暑も酷暑もなんのその、さあ皆さんも浴衣で日本の夏を思いきり楽しんで下さいね~note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あさくさ和装塾2013 ③

あさくさ和装塾2013第3回目は「京都編」。

雪花絞りで人気急上昇、藤井絞りの藤井社長にお話をうかがいました。

隣はコメンテーターの早坂伊織さん。

Cai_0813

↓の写真、どこかで見たことありません?

Cai_0815_2

金麦のCMで壇れいさんが着ているものです!

Cai_0814

生地素材は綿麻紅梅など涼しげなものばかり

Cai_0816

上方の紺白二色に見えるのは三角形に畳んだ生地を板締めする技法。

その左下が出来上がりです。

雪花絞りのほかに藤井絞りの男もの羽裏は秀逸、興味ある方必見!

Cai_0817

絞りの浴衣に似合いそうな辻屋さんの夏のラインアップ。

前回の博多織の西村織物、今回の藤井絞、いずれも脱サラして家業を継いだ若い世代の社長さんたちが頑張っているのはほんとに頼もしいですsign03

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

浅草歩きで洒落たオリジナル小物のお店を教えてもらいました。

外源堂(とげんどう)。

Cai_0821_2

Cai_0819_2

教えてくださった方のお太鼓の裏に見え隠れするのはいったい何?

このお店で買った小さな巾着に白檀のチップを入れた自家製匂い袋でした!

私もさっそくひとつ、口を開いたらfishがいっぱい♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »