« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

今日は着物まで

2回目のレッスンでは着物を着るところまで進んでみましょう。

まず前回の襦袢の復習から。

自宅練習で続出の「なんか変?」はいうならば進歩の素、ポジティブに活用してください。

ひとつひとつ、納得しながら解決してゆけば着実に力が身についてゆきますよ。

Cai_0747

着物は中心(腰紐を結ぶ)→下→上と大きく3つの流れに分けると手順が覚えやすいですね。

初挑戦でしたが、とりあえず着られた!!

Cai_0748

ふだんの気軽なお出かけならこんな帯結びもあり。

半幅帯+飾りの帯締め、なんだかとっても楽しいわ~(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中年

秋冬にしっかりと蓄えた脂肪は春の抜け毛とともにナチュラル・ダイエット!

のはずが…

Cai_0742

おかしい…どうも反応が鈍い。

ミエルさん、もうだいぶ暑くなってきましたよ。

もしかしてこのままとか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スタート♪

一人で着物を着られるように!

いよいよ初心者コースのスタートです(o^-^o)

今日はまず襦袢まで。

結ぶ、羽織る、たたむ…

なんでもないような動作が思いのほか難しかったりします。

Cai_0743

最初はできなくても当然、

何度か繰り返し「あ、これ!」という感触が掴めたらしめたものです。

Cai_0744

着物+お太鼓結び

自分の着姿をしっかりイメージしておくのもよいレッスンになりますよ。

やる気満々、次回も頑張りましょう♪

(本日タンゴcatが友情出演?!失礼いたしました)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫のいる家

見るからにいそうな家…

Cai_0740

やはり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンパクトなきもの暮らし①

着物にはまるとモノが増えます。

とにかく増えます。

収納スペースはいつしか着物に占領され、ついには飛び地のごとく家のあちこちへ…

う~ん、悩ましい…それでも人を惹きつけるのが着物の魅力、というかもう魔力ですね。

着たい以上それはある程度仕方ないと覚悟して、ただしランダムに数だけ増やさないよう心掛けたいものです。

計画的に揃えてコンパクトなきもの暮らしを目指しましょう♪

着物を揃えるときは初めに着物、次に帯が一般的だと思います。

ところで着物1枚に帯3本とよくいわれます。

これは帯を変えれば同じ着物の印象をがらりと変えられるということです。

Cai_0652

春霞のような暈しの帯

Cai_0653

万寿菊を染めた塩瀬の帯

Cai_0729

正統派、優雅な手描き友禅

誰しも2本目、3本目は既に持っているものとは違うタイプを選びたいと思うはずです。

でももしそれが同じ季節向き、どれも普段使いばかりだったとしたら?

帯は増えますが着回しの幅が狭くなる気がします。

あるいは季節柄は時期が限られるからといつでも締められる柄にしたり、お洒落だけど白っぽいと汚れが目立ちそうだからと無難な色にしたり、これでは物持ちになった割りにはいつも同じような印象になってしまい、つまらないのではないかと思います。

たとえばこの3本、春向き・秋向き・格上げ用で選んでみたらどうでしょう。

1枚の着物を着る季節と場がぐんと広がると思います(*^-^)

次回からはそんなコンパクトな着物の着回しについて提案してみたいと思います。

Cai_0653

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体験レッスン

先日、お友達と浅草のレンタル着物店に飛び込みで入りました。

着物で一日街歩きをしたら、もう楽しくてヽ(´▽`)/すっかり着物にはまってしまったそうですheart

どうせなら着付けてもらうより自分で着られたほうが…

でも着物のことは全くわからない…ご心配なく!

Cai_0741_2

Cai_0742

着物に帯、得体の知れない着付け道具らしきもの(笑)

この日はまずお持ちくださったものの過不足のチェックから。

お母さまの着物で実際に着付け体験もしていただきました。

ますます着物にのめりこみそうな予感とともに次回から初心者コースのスタートです♪

番外:

生徒さんの人生初体験、cat触われました!!

これから毎回フレンドリーにお迎えしますよ~

Cai_0717_3
タンゴ

Cai_0717_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リハビリ週間

連休明けは頭も身体も重い…

Cai_0722

疲れたわよね。

Cai_0720_2

そういやタンゴ、ずいぶんビビッてたじゃない。

Cai_0718

ミュゲ姉こそ―ふん

Cai_0733

ひさびさの安らかなひと時(→テレビ鑑賞)

Cai_0736

期待したほど美味しいものにありつけなかったわ、フン

Cai_0738_2

やや、庭に怪しい者(猫)!

そしてまた日々は過ぎてゆく…

 

Cai_0738

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫とお菓子

連休後半はもっぱら近場へ。

Cai_0724

小川和紙で有名な小川町の伝統工芸館から東秩父の和紙の里を廻る。

Cai_0725

よく手入れされた和紙の里の庭園

休暇中にとみらべるのお菓子をを取り寄せた。

ここは定番のほか季節で変わるレシピも楽しみだ。

今はレモンタルトとケーク・オ・シトロン。

レモンの甘酸っぱさと苦みがとてもさわやかだ。

Cai_0716

メッセージカードに甘夏ピール作り(1年分)がスタートしたと書いてあった。

皮を剥いて大きな鍋で煮て、きっといい香りだろうなあ。

Cai_0718

その副産物、甘夏のマーマレードのおまけが入ってたヽ(´▽`)/

連休中は埼玉の家に猫全員集合~cat

Cai_0700_2
Cai_0705_2

移動後2日間はキャリーに引きこもり(ミュゲ)、どうも調子出ない(タンゴ)

Cai_0713_3

Cai_0701

あ、またこいつら。食べること意外興味なし(ミエル)

Cai_0698

Cai_0697

微妙な距離感と緊張感(タンゴ&ミント)

Cai_0709_2

Cai_0707

この中、気になる(ミント)、うるさいチビめ(タンゴ)

Cai_0712

やっと落ち着いたわ(ミュゲ)

Cai_0714

Cai_0711_2

他人のご飯は美味しい、水は直飲みがいちばん(ミント)

Cai_0715_3

葉っぱを食べて吐くのと茎から食いちぎるのは止めましょう(ミエル&タンゴ)

そんなこんなでけっこう平穏無事なこの連休、だったかも。

 

 

Cai_0705

Cai_0713_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱根細工モデルヌ

小田原育ちとしては箱根細工は特に目新しいわけではない。

でも風の音のHPに紹介されているこの箱根細工はどうも気になる…

現地へ着いてさっそくチェック。

Cai_0693

ブックマークにコースター

Cai_0695

箸置き

どれも色の組み合わせがよい。

このあいだの唯一無二之会もそうだったけれど、ここにも伝統だけに囚われない新しい形があった。

「伝統は革新である」って言っていたの、誰だっけ。

クラシカル、モデルヌどちらにも共通するのは着物によく似合うこと。

Cai_0694_3

今回は瓢(ひさご)の根付を購入。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風の音へ

連休の始まりに強羅の風の音がラッキーにも空いているという。

「行く?」と聞かれれば迷いなく「行く!」

ここは食事が素晴らしい。

できれば毎シーズン行きたいくらいだ。

Cai_0689_2

食前酒にはお薦めのロゼのスプマンテ、

赤ワインはアンヌ=フランソワーズ・グロ(A.F.GROS)のヴォーヌ・ロマネ2008年を用意して下さったwine

ふくよかなブルゴーニュらしいブーケが香り立つ。美味しい。

Cai_0690_3

お楽しみのバーニャ・カウダ。

箱根西麓野菜を使って春らしくあえて冷製。

相模湾の鰆を塩漬けの桜葉で包んで蒸したお皿は特に印象的だった(食べるのに没頭してつい写真を撮り忘れる)。

空芯菜やソースには蕗味噌が隠し味に使われたりと、シェフの自由自在なイマジネーションから生まれるイタリア料理が楽しいheart01

やっぱり毎シーズン来ないといけませんわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »