« 着物が帯に | トップページ | 花かんざしと菜の花 »

「氷」を纏う

1月も終わり2月に移るこの頃は一年で最も寒い時季ですが、それにしても今年は寒いですね。

そんな凍えるような季節の今、着物を選ぶとしたら私はこんな気分。

Cai_0531

杉染めの大島に雪の結晶の帯

Cai_0514

同じ着物に梅の帯

襲の色目(かさねのいろめ)には四季折々、数多くの組み合わせがあります。

その中で私が最も印象的だったのは冬の「氷」。

表=白(白正絹)、裏=白(練絹)

白x白からは冬の早朝のピンと張り詰めた空気感まで伝わってきそうな気がしませんか。

あの枕草子の「冬はつとめて。雪の降りたるはいふべきにもあらず…」、あれを着衣で表現したらきっとこうなるのでは!

寒さをイメージさせる雪や氷を敢えて冬に纏う。

徹底して季節を映すその潔さに私はどうも参ってしまうのです。

白い雪や透明な氷、それに少し色を足した冬の小宇宙、今度載せたいと思います。

Cai_0512_2

|

« 着物が帯に | トップページ | 花かんざしと菜の花 »

コーディネート」カテゴリの記事

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/48992167

この記事へのトラックバック一覧です: 「氷」を纏う:

« 着物が帯に | トップページ | 花かんざしと菜の花 »