« 花かんざしと菜の花 | トップページ | ミッテンヴァルト室内合奏団定演 »

「氷」を纏う-2

きのうの朝はまた雪がちらつきました。

澄んだ空気の中、

雪や氷がきらきらと舞い輝くような、

冷たい雪や氷の下には春の蕾が、

そんな季節感が映し取れれば。

Cai_0515

淡い青みのグレーに黄と薄茜の入った帯揚げ

帯締めは桃色

Cai_0518

杏色の帯揚げで

Cai_0522

羽織を足しました。

梅の花の上には氷に見立てたクリスタルの羽織留

Cai_0525

雪の結晶にも氷、帯締めも銀糸がキラキラ光るものにしてみました。

結晶や帯締めにごくごく微かに含まれたピンクから帯揚げは灰桜を。

Cai_0523

今回のコーディネートに必須だったクリスタルの羽織留は和のふくさんへ「とにかく氷!!」とオーダーして作っていただきました。

色無し・透明、こういうのが実はいちばん厄介なんですよね…

製作ならびに写真提供、ありがとうございましたm(_ _)m

以下、photos by 和のふく

Haoridomew

Haoridomeb

|

« 花かんざしと菜の花 | トップページ | ミッテンヴァルト室内合奏団定演 »

コーディネート」カテゴリの記事

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/48992937

この記事へのトラックバック一覧です: 「氷」を纏う-2:

« 花かんざしと菜の花 | トップページ | ミッテンヴァルト室内合奏団定演 »