« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

着物が帯に

着物が帯に変身~

☆Before☆

Omeshi_2

母はこの赤い御召にそれはそれは深い思い入れがあったようで、今でも折に触れエピソードが語られ…

着物の形をした「想い」ですね、こうなると。

着てあげるのがいちばんですがさすがにこの赤は…

さりとて捨てるのも忍びない、ただ持っていても場所取るだけ…

しっかりした御召地だし、帯にすればまだいけるか?で昨年末リメイクをお願いしました。

ちょうど大井町駅前のきゅりあんで開催されていた「伝統の技と味/しながわ展」に実演参加中の帯職人、溝口さんを訪ねて受け取ることになりました。

☆After☆

Cai_0535

着物1枚から名古屋帯と半幅帯が1本ずつ。

地厚でしっかりとした素敵な帯が出来上がりました~♪

今度母に持って行って見せてあげよう、きっとまたエピソードが始まるだろうけど。

ついでに会場内を見て回ります。

Cai_0528

東京手描友禅のブースでは旦那さん同士がなにやら商談中?

Cai_0527

品川職人組のメンバーにはあの藤山千春さんも所属していますsign03

藤山さんの帯は着物好きには垂涎の的、お弟子さんによる実演が行われていました。

品川、とりわけ北品川あたりには今も伝統工芸に携わる職人さんが多く住んでいます。

修理したり直したり、「甦った」大切なものをまた大事に使っていく、とても豊かなことだと思いませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

干し柿

毎年おけさ柿を送ってもらっている佐渡の本間さんから干し柿が届きました♪

昔は好きじゃなかったのに日本茶で干し柿が美味しいんだから人間変われば変わるものです。

Cai_0513

これは柔らかめ仕上げ

Cai_0514

固めバージョンは粉ふきが多め。

私はこっちが好み↑

Cai_0515

今年はこんなおまけが入ってました!

りんごや柿をチップスにして干したもの。

干しリンゴは食べたことがあるけれど柿は初めて。

やっぱりこれも干し柿、かな?

なかな美味しいのです(o^-^o) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫の脈拍

日曜日、毎年のワクチン接種に近所の動物病院へ。

まずは体温とお腹に聴診器を当ててバイタル・チェック。

キャリーに入れたときからピーたら鳴き通しのタンゴは派手に騒ぐわりに案外普通、

気位が高くて表に出せないミュゲさんのほうが心臓バクバク。

「お母さん、念のため家で脈拍測ってください」―「は、はい」

とは言ったものの…

何十年来、延べ相当数の猫を飼ってきたけれど恥ずかしながら猫の脈をとったことないわ。

Cai_0497

家へ戻ればリラックス~

心臓だから心臓の辺り?不意打ちして抱えたらドキドキ、がすぐに無音…

まさかそれはないよねえと、念のための手首(足首?)はやっぱりンなわけなかった(笑)

しかたない、「猫の脈拍」でネット検索――ちゃんとあります!脚の付け根だそうです。

ほ~、因みに正常脈拍数は130~160/分(情報にばらつきあり)、15秒測って4倍する、なるほど。

ついでに熱があるかどうかのチェック箇所、耳はスタンダードだけどおでこ(猫の額か)と尻尾?!?

毎日触っているとそれなりにわかるようになるそうです。

猫飼いの皆様どうぞお試しあれcat

おまけのcatdog仲間

Cai_0509_3

AiMの看板猫、モカ君がお出迎え

Cai_0510

帰る頃にはチョコと仲良く寝ていましたheart

 

Cai_0509_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

佐々木秀実コンサート

1月19日、文化創造アトリエAmigoにて

プログラム:

(第一部)

聞かせてよ愛の言葉を~バラ色の人生/アコーディオン弾き/群集/水に流して/サクランボの実る頃/スカーフ/再会/ミロール

(第2部)

黄昏のビギン/あなたのすべてを/港の見える丘/一本の鉛筆/ヨイトマケの唄/こころ~予定外のバラ色の人生(一人二役による美空ひばりとルイ・アームストロングのコラボ)~ALE ALE ALE/夜明けのうた

(アンコール)

愛の賛歌/哀しみのソレアード

2013年、メジャーへ出てゆくためにいろいろなことをするかもしれないけれど、佐々木秀実はシャンソン歌手と皆さん伝えて…

ヨイトマケの唄とマイクなしで歌った愛の賛歌の力強さ、素晴らしいシャンソン歌手ですnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pas mal!

一目見て、これはタンゴが好きそうだと閃いた「ガリガリラウンジ」

Cai_0471

爪とぎ兼ベッド兼くつろぎラウンジ

紙製ながらなかなかの高級感、いかがでしょうか?

Cai_0494

そこそこ

Cai_0507

ま、いいかも

Cai_0469

Pas mal!悪くないわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雪の成人式

美容室AiMから成人式の着付けのご依頼をいただきました。

Cai_0498

お写真は苦手(もったいない!)とのことで後ろ姿を。

ぼかしの入ったピンクの着物は上品な古典柄で色白さんにはぴったりです。

白銀色に淡いピンクや緑の入った帯が着物と調和します。

前姿には衿や小物に緑や赤を使って元気に若々しくしました。

ところでこの日のお天気、美容室へ着いたときはまだ雨だったんですが…

あれよあれよというまに雪に変わり、しかも半端じゃない…

Cai_0502

あの時はすごい大雪の日で、と後々まで思い出される日になりそうですね。

どうぞ足元にお気をつけてお出かけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪、雪

あっという間に雪国。

今年の寒さじゃ降っても不思議はないけれど、それにしてもすごい…

Cai_0501_2

AiMからの帰り道、休日なので住宅街を行く人はほとんど無し。

Cai_0504

家の近くの宝生院は足跡ひとつなく真っ白

Cai_0503

3時の東京の積雪7cmとか。

明日の通勤はきっと大変だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初釜の訪問着

久しぶりのお稽古になりました。

相変わらず忙しいお仕事のあいま、初釜のための訪問着と袋帯に挑戦です。

帯を選び、小物をコーディネートさせていざスタート。

Cai_0492

時々着物を着ていたので部分的な注意で2回目にはすっきり着こなせました。

青地に裾いっぱいの白い花がくっきり、裏地の朱が効きます。

背丈のある方はこういった大胆な大柄がほんとうによく映えますね。

Cai_0491

袋帯で二重太鼓は手強いかも…は杞憂でした(o^-^o)

名古屋帯のベースがあれば袋帯は決して難しくありません。

たっぷり厚みで後ろ姿も綺麗に決まりました。

新しい年の初めにフォーマル着物習得!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふつうの日

7日の仕事始めからまたふつうの日々。

例年のごとく、ハナからめいっぱいで疲れもしたがまあそれなりに落ち着いたと言えなくもない。

とりあえずまたいつもの週末料理にかかる。

Cai_0479

弟が年末訪れた京都から送ってくれた湯葉が届いたので今晩は湯葉三昧。

刺身ゆばは一品は冷たいままワサビを添えて、もう一品は熱々の生姜餡をかけて。

東寺ゆばは根菜と炊き合わせよう。

Cai_0482

台所に立てばすかさずやって来る。

期待感ふれた真剣な眼差し。

Cai_0486

そうそう、お父さんが見つけてきた猫ご飯。

パッケージが可愛いからまだあげないけどね。

今晩の食卓は猫鉢付き。

ご飯がちょっと気になる。

Cai_0489

けど、眠い…

Cai_0490_2

Cai_0490

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巳年

Cai_0461_2

新年のご挨拶は白鳥?ではなくて蛇さんでした。

なじみの呉服屋さんから頂く漉き込み和紙の干支カレンダーは毎年ほんとに楽しみです。

Cai_0467_3

たしか酉年から始まったからあと3年で一廻り(3枚行方不明weep)、

コレクション完成も楽しみですが、そろそろまた近づいてきました。

むむ、何回目。。。

ずっとcat年ということで(笑)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年

新年明けましておめでとうございます。

新しい年が健やかで良き年でありますよう。

Cai_0459_2

(和紙伝統工芸士 良喜氏作)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年会のために

新たなお仕事に就かれて以来、着物を着ることが少なくなってしまいました。

久しぶりに手に取れば、えーっと、お太鼓結びはどうだっけ…

でもやっぱり新年会は着物!

Cai_0453

帯結びとお正月のコーディネートを中心にお稽古です。

清々しい白地の紬+紫の名古屋帯、

黒地の飛び柄小紋は白地の有栖川紋の袋帯と赤茶のお洒落な染め帯で二通りに、

計3回の新年会に着分けます。

小物に薄黄色や紅梅を使うと可愛らしく、春らしい感じが出ました。

これからも機会を捉えて着物でどんどんお出かけくださいね♪

Cai_0454_2

着物の友は猫の友、最後にミュゲさんとツーショット。

なんだか赤ちゃん抱いてるお母さんみたいですねconfident

2012年のレッスンはこれでお終いです。

皆さん今年もありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願い申し上げますm(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »