« Savon de Tawaraya | トップページ | 夏準備 »

付け下げに変えて

海外赴任の荷造りをする日もだんだん近づいてきました。

着物を梱包してしまう前にと時間を見つけてお稽古に来てくださいました。

以前のお稽古で一度試しに着てみたお母様の付け下げを使ってこの日はお稽古です。

Cai_0275_2

Cai_0276_3

着物が変わっても全体的にとてもスムーズに着ることができるようになりました。

衿浮きや帯結びなど、部分的な課題をはっきりさせることで質問はより的確に、またその解決方法もとても明解になります。

疑問はわかるまで何度でも聞く!

これはどんな場合でもとても重要なことですね。

以前にも書きましたが、この付け下げ、パーティー会場ではパッと周りを明るくするようですごく目立ちそうですねえ。

くっきりした柄の帯もいっそう華やかに引き立ちます。

白い帯をすればよりあらたまった趣に、ピンク系の帯なら優しい雰囲気に、帯次第で表情がいろいろに変わると思います。

ところで、今回着付を習ったことで日本の伝統文化の奥深さ、素晴らしさを再認識されたそうです。

そして日本のことが前より好きになられたとも。

外国に暮すとき、日本や日本人としての軸をしっかり持っていること、そうすれば相手の文化に対しても敬意を持って接することができるのではないでしょうか。

着物文化が少しでもお役に立てれば幸いです。

 

|

« Savon de Tawaraya | トップページ | 夏準備 »

着付レッスン」カテゴリの記事

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/46215722

この記事へのトラックバック一覧です: 付け下げに変えて:

« Savon de Tawaraya | トップページ | 夏準備 »