« 着物へ進みます | トップページ | 最終回 »

紬でお稽古

前回までの柔らかものに替えて、今回は紬でお稽古です。

同じように着物まで着てみました…着物が変わっただけでこんなに違うもの!?

妙にごわごわと堅くて、どうも前回とは勝手が違います。

中心線が時々ずれたり、しわ取りも前より大変…

Cai_0210_3
紬のように張りのある素材は柔らかもののようにするりと滑って、自然に落ちてくれることはありません。

手を動かしたときにいっしょについてきてしまったり、初めは戸惑うかもしれませんがこれも練習。

縮緬や綸子、紬、麻、木綿、着物はいろいろな素材がありますからね♪

さて、前回プロセスに分けて覚えた帯結びはどうでしょう。

着物にはやや手こずりましたが帯は今回バッチリ(*^-^)

手順がわかったのですんなり結べるようになりました。

「わからない/できない」から「わかる/できる」へ。この変化は大きな自信になったはずです。

頑張った甲斐、ありましたね!!

Cai_0211_2

この紬は叔母さまからお母さまへと渡って彼女で3代目の白大島です。

部分的に絞りが施された大変凝った一枚ですが、こうしてそれぞれに気に入られて受け継がれてゆくっていいですね。

背がとても高いのに身丈もぴったり、大柄な叔母さまに感謝!

★雨の日のお出かけについて★

お稽古の後はお茶会。

生憎この日のお天気は雨でした。

手元に雨コートがありません。こんなときはどうしたら…

紬の中でも大島は軽い雨程度ならはじいてくれるので雨の日の外出に適した着物といえます。

ただし、色が白ですし…

応急措置としては別の紬の着物を上から羽織って紐・ベルトで着丈に合わせ、お端折を被せてそれらを隠してしまう「なんちゃって雨コート」です。

この日は相談しながらさらにgood ideaが。

洗える2部式着物をお持ちということで、それを雨除けに着ることに決まりました。

2部式着物の思わぬ使い途、これで一安心ですね!

|

« 着物へ進みます | トップページ | 最終回 »

着付レッスン」カテゴリの記事

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/45603294

この記事へのトラックバック一覧です: 紬でお稽古:

« 着物へ進みます | トップページ | 最終回 »