« 先週のさくらんぼ⑤とコンサート | トップページ | いよいよ帯結び »

観世水の帯留

錺簪(かざりかんざし)職人の三浦孝之さんに帯留を誂えていただきました。

製作以外にも多忙な三浦さん、催事の日程の合い間、出来上がった帯留を受け取りに本所吾妻橋の工房兼ご自宅を訪ねました。

Cai_0215_2

大好きな観世水のデザイン

Cai_0219_2

桐箱には簪の焼印が!

事の始まりは今年2月の第8回浅草和装塾でした。

"職人の話を聞こう"でお会いした三浦さんの作品を見てthunder~惚れ~

浅草奥山風景の百歳屋ブースを訪ね、まずは誂えのための具体的な情報収集から。

希望は観世水の透かし彫り、おおまかなイメージを伝えて図案を作ってもらいます。

製作者にはとってこの図案が決まるまでが一苦労、知らないから何でもいえる素人は我侭お気楽ですもんねえ。

実は今回の帯留の製作工程をご自身のブログにアップ(6月3日、4日)して下さいました!

http://kazashi.exblog.jp/ かざりかんざし職人三浦のブログ

ああ、こんな風にして出来上がったんだ…もう感激、感涙。

普段はまず見ることのない貴重で興味深い作業工程です。

お時間がありましたら皆さんも是非一度ご覧下さい。

Cai_0216

どの帯?どの着物?

考えるだけでわくわくしてくる世界に一つの帯留です!

三浦さん、ありがとう!!!

|

« 先週のさくらんぼ⑤とコンサート | トップページ | いよいよ帯結び »

めでる(美)」カテゴリの記事

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/45545580

この記事へのトラックバック一覧です: 観世水の帯留:

« 先週のさくらんぼ⑤とコンサート | トップページ | いよいよ帯結び »