« 今日のさくらんぼ ② | トップページ | 水上へ »

帯結びのプロセス

先日体験レッスンに引き続き、今回から本格的に着付けに挑戦です。

Cai_0154_3
ぜんぜん自信がない、とおっしゃりながらも着物を着てお稽古に来てくださいました。

やはり難解だったのは帯結びだったそうです。

まずは着物まで。ひと通り着たところでチェックポイントが見えてきました。

しわの取り方、とくに脇の始末ですがこれは肌着、襦袢、着物と3回出てきます。

違うことをやっているようで実は同じこと、何度も着ているうちに必ず慣れてゆきますので初めのうちは意識してやってみましょう。

次はお太鼓結び。手順どおり1度結んでもらいます。

わかり難いのは?

では今度はプロセスごとに止まって、1度目にわかりずらかったところを確認しながらもう一度やってみましょう。

わからないことを残したまま、単に繰り返し練習をするのは実はあまり効率的とは言えません。

まずはプロセスを追ってわからない部分を明らかにしてみてください。

上の写真は2度目に結んだものですが、とてもきれいなお太鼓ですね。

この後はお茶会へ。これならどこへ出かけても太鼓判!(笑)

実は普段のお仕事がとっても忙しい方です。

そんな中、なんとかやり繰りしながら茶道も着付けも実行される姿勢が素晴しいと思います。

忙しい、時間がないでは何も始まりません。時間てやっぱり作るものではないでしょうか。

手順をしっかり頭に入れるまではハードに感じることもあるかと思います。

でも、それもせいぜい数回のこと、頑張って乗り切りましょう!

Cai_0154_2

|

« 今日のさくらんぼ ② | トップページ | 水上へ »

着付レッスン」カテゴリの記事

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/45337862

この記事へのトラックバック一覧です: 帯結びのプロセス:

« 今日のさくらんぼ ② | トップページ | 水上へ »