« 慈光寺 | トップページ | 今年もそろそろ―さくらんぼ ① »

人を繋ぐ着物

GW明けのお稽古です。

連休中もしっかり着物目線、箪笥に眠っているお祖母さま、お母さまの着物をぬかりなくチェックしました!

祖母や母が昔着ていた着物、もう自分で着ることはない、でも捨てられない…

ある年代以上なら、きっとそんな着物が何枚か、あるいは箪笥ごとド~ン(笑)とあったりするものです。

だから娘が着物を着ると言いだすと、母や親戚たちまでが嬉々として封印を解き、過去の思い出の詰まった着物があちこちから集まってきたりします。

Cai_0123_2

着物ってほんとうに不思議な力を持っていると思います。

人と人を一瞬に繋げ、1枚の着物が何十年も前の記憶まで蘇らせてしまうのですから。

そんな貴重な1枚、黄色地の小紋を使ってお稽古しました。

Cai_0124

補整から襦袢まで、動作がとてもスムーズです。

衿合わせや柔らか物の扱いなど、本人的には不満な点もあるようですが、いずれも慣れで解決していくものです(不満は上達の鍵!)。

お太鼓結びは巻くときに胴帯と帯板の下線を合わせ、その胴帯の下部分を締めるようにするとゆるみがなくなります。

全体として基本がしっかり飲み込めていますので、あとは慣れ。

さあ、次回はこの季節に即外出できる単衣でお稽古です。

うきうき楽しく頑張りましょう♪

|

« 慈光寺 | トップページ | 今年もそろそろ―さくらんぼ ① »

着付レッスン」カテゴリの記事

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/45212718

この記事へのトラックバック一覧です: 人を繋ぐ着物:

« 慈光寺 | トップページ | 今年もそろそろ―さくらんぼ ① »