« やっと | トップページ | 節目 »

訪問着の着付け

桜も咲き始め、うららかな日和の土曜日、訪問着の着付けをさせていただきました。

この日は三越劇場で横笛の演奏をなさいます。

ごく淡い緑に豪華な裾模様の訪問着は叔母様がご自分で仕立てられたものとか。

しっかりとした打ち込みでボリューム感のある黒の古典柄の帯も着物に合わせて叔母様がチョイスです。

Cai_0077_3

Cai_0076_2

前回と同様、お腹に力が入るよう、しっかり補正をつけます。

訪問着は普段の着物のときより衣紋を多めに抜き、裾もたっぷり長めに着付けます。

帯揚げは着物と同系色の暈しで馴染ませ、帯締めのサーモンピンクを挿し色にしてポイントを作りました。

豪華な着物や帯になんだか派手…着物に着られているみたい…いえいえ、舞台に上がるのですからこのくらいで丁度。

小紋や紬などさり気ない着物好きさんにとっては、いかにもという礼装着物はちょっと落ち着かない気がするかもしれません。

かくいう私も実は同じなんですが(笑)

外の風が少し冷たいようです。

今日は軽いコートを1枚羽織ってお出かけください。

それでは素晴らしい演奏会の一日になりますよう♪

|

« やっと | トップページ | 節目 »

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/44787377

この記事へのトラックバック一覧です: 訪問着の着付け:

« やっと | トップページ | 節目 »