« 台所染め | トップページ | 旅も着物 »

強羅へ逃避行

年明けからの仕事が今年はずるずると続いている。

佳境も過ぎてファイナルバージョンもできた、ここらでボ~ッと脱力したい…ところだけど手つかずだった新年度分が山になっている。

気力を無理に引き上げ、さあ明日と気持ちを切り替えて行ってみればまた修正のメール…フゥゥ~、いったいこれで何度め┐( ̄ヘ ̄)┌ ~ 

実家の介護問題にも相変わらず悩まされ、ああ、どこかへ逃げだしたい。

そういえば某通信会社の保養所がこのところ続けてリニューアル・オープンされている。

なかでも箱根は家人自ら何度か訪れ、内装や食に参画したせいもあってか日頃から自慢話を聞かされている。

けど私、行ってない、食べてないもんね。

そんなわけで今回逃避行した先は「強羅 風の音」

※文中の写真はすべて「強羅 風の音」HPよりお借りしました。

Content03_01b_6

外観

近くには会社の保養所が多く、ひっそり落ち着いたロケーション

箱根はなんといっても元学区内、小学生の頃は写生大会で毎夏休み強羅公園へ出かけた。

Content01_06b_6

ロビー階にあるパブリックライブラリー

この日は本棚のあちこちに季節の花がセンス良く飾られていた。

Content01_02b

Content01_10b_6

シックにまとめられた室内と温泉

まずは温泉に浸かって身体をゆったり伸ばす。

その後の楽しみはなんといっても美味しいものrestaurant

リニューアルと同時に本格イタリアンメニューが展開されている。

P1000493440x330

9775cf476cf32473f3cff20d9456070e150

タマネギのクリームチーズ焼きとオードブル盛り合わせ

タマネギは丸ごと1個をオーブンで焼いて中身をくりぬき、クリームチーズと和え、さらに焼いたもの。

イタリアの郷土料理だという。美味しい。

わが家の週末メニューに取り入れられそうと家人が追加注文した一皿…そうだ!このレシピは言いだしっぺ本人の十八番にしてもらおう。うん、名案smile

あとでシェフから作り方のポイントをよ~く聞いてね~(笑)

C4bd77b2fafd8dab0f3387d6f3b0221b440

メインはイベリコ豚(写真)の予定が、よい牛肉が入ったということで変更

直前に挽いてくれたハーブ塩(タイム、ローズマリー、ミント)が美味しさを引き立てる。

Bd80763f5963dc81c821359e36b5a39f415

美しいデザート

この日のディナー・メニューは次の通り:

とこぶしのアーモンド焼き

タマネギのクリームチーズ焼き

前菜の盛り合わせ

地場野菜のバーニャカウダ 

シチリア産ブラッドオレンジのグラニタ 

駿河湾産カサゴのオーブン焼き タイムの香り野菜ソース

牛ロース肉のグリル バルサミコ酢ソース ハーブ塩つき

ローズマリー風味のフォカッチャ

黒豆のタルト、マスカルポーネチーズのムース

エスプレッソ

ちなみにこの夜頼んだ飲み物barwineは、

小田原産青梅入りスプマンテ(食前酒)

サンセール(白ワイン)

お薦めのジュブレイ・シャンベルタン(赤ワイン)

牛肉用にグラスで、名前忘れた(赤ワイン)

グラッパ(食後酒)

どのお皿もソースが素敵に美味しくて思わず頬がゆるんでしまう。

季節が変わったらどんなメニューになるんだろう。

四季それぞれを味わってみたいと思わせる極上のディナーだった。

それにしてもよく食べ、よく飲んだものだ。

我ながら呆れる…

当然の結果として翌日は夫婦とも胃もたれ、この1週間は控えめ、控えめ。

|

« 台所染め | トップページ | 旅も着物 »

いただく(食)」カテゴリの記事

さまよふ(旅)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/44275665

この記事へのトラックバック一覧です: 強羅へ逃避行:

« 台所染め | トップページ | 旅も着物 »