« お太鼓結びの再確認 | トップページ | 疑問を持つべし! »

秋の夜長の一揃え

夜ともなれば一段と秋の気配、こんな時季にはどんな着物が似合うだろう…がしかし、日中はまだまだ暑いゾ!

10月初めのお出かけにはそんな悩みがつきまといます。

先週の集まりもまずは袷か単衣か、襦袢はどーする?

10月、といっても昨日までは9月よ。着物は迷わず単衣を選びました。

ただしこの時季ゆえ透けない単衣を。

襦袢は当日のお天気によって夏物か無双か。

でも衿を付けなきゃいけないのよね、と前の晩の天気予報を信じて夏物に決定。

今回のコーディネートは初めこの予定でした。

01_2

吉野格子の単衣紬に塩瀬の帯。

小物はそうねえ、何を合わせよう、芥子、薄茜…

ちょうどそんな時、お稽古に来られた生徒さんのコーディネートをする機会がありました。

黒地同士の着物と帯、アクセントにするために乗せた黄色の帯締めが実に映えるではありませんか。

おーこれだっ!!

ひとさまのコーデをすかさず我が身に転用、急遽こちらに変わりました。

02

町屋格子の着物は縮緬の単衣です。

03

塩瀬の帯は灯りの先の丸い文がなんだか抽象画のお月さまのようにも見えて、私の中では秋の帯。

04

帯締めはこの季節らしい菊の黄色、帯揚げは帯の中からとった紫と白の段柄を。

05_2

履物は桜皮を張った舟形下駄、インド土産のウールのストールも忘れず持参。

黒と黄色、灯りに月、秋の夜長を連想するコーディネートの出来上がりで~す♪

|

« お太鼓結びの再確認 | トップページ | 疑問を持つべし! »

コーディネート」カテゴリの記事

テーマで着る」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/42228720

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の夜長の一揃え:

« お太鼓結びの再確認 | トップページ | 疑問を持つべし! »