« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

気になる帯結びを

本日は以前お稽古にいらした方とそのお友達がいらっしゃいました。

玄関を開けるとお二人とも着物!いいですね~♪

今回はそれぞれ気になる帯結びをお稽古します。

まずはお友達から。

半幅帯は結べるのでお太鼓結びにトライしたいということで袋帯の二重太鼓に挑戦です。

28a

え、いきなり袋?いきなり二重!

そうですねえ、ふつうは名古屋帯の一重太鼓から始めるのがセオリーかも…

28b_2

難しい、大変と、とかく敬遠されがちな袋帯ですが、途中まで床で作り背負う方法なら手順はさほど変わりません。

置き方、締め処などポイントを押さえれば経験の少ない人でも綺麗に結ぶことができますよ。

着物・帯と同系色の組合わせでしたのでこの後は帯締めを黄色、赤、ピンクと次々変えて色遊びをしました。楽しいheart04

つづいてもうお一人からは貝の口のリクエストです。

この夏、盆踊りで見かけた帯姿が忘れられず、でもいざ結んでみるとなんか変…上級者の彼女としては不満が残ります。

この貝の口は一般的な結び方のわりに実は曲者。

最初に取る手、折り込むたれ、その「長さ」にすべてがかかります。

28d_2

28c_2

帯幅や材質によって出来上がりの大きさや形が微妙に違ってきたりも。

まずは理想形になるよう、何度か試してご自分の帯のジャストの長さを見つけてみましょう。

またこの帯結びには柔らかい帯より張りのある硬めの素材が向いているので、帯選びも一つのポイントと言えそうです。

28e_2

練習ついでに。

帯の裏地が茶味の臙脂色で今の季節にぴったりです。

せっかくだから一工夫、前で一捻じりして両面の色を使ってみました。

黒の帯締めを加えても素敵ですね。

さて、日ましに秋めいていよいよ本格的な着物シーズン到来です。

お気に入りの帯結びでお二人とも着物生活をますますエンジョイしてくださいね~ヽ(´▽`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風一過

今朝の窓からの景色、快晴。

22matin_5

それにしてもすさまじい昨日の台風だった。

いざとなったら家まで歩いたってせいぜい40~50分、だけどあれじゃ外に出られない。

終業過ぎること2時間、とりあえず雨があがったので芝公園に住む同僚と歩いて帰る。

大きな木が根元から倒れてて、あ~あ、可哀そうに。

21soir_2

猫たち、大丈夫だろうかと心配したのにごく普通だった。

地震は怖いが台風は平気らしい。まあ、窓閉めてたしね。

にしても散々な今年の日本列島よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きもののメンテ

先日入った書店で他の本屋さんならまず置かないであろう、えらく業界っぽい着物の季刊誌を見つけました。

地味。雑誌名はすみません、忘れました。

発行元を見ればなるほど織組合のようなところで、一般向け雑誌ならこれでもかと載る煌びやかな着物や帯の写真はほとんどありません。

因みにこの本屋さんは書原(やはり)です。

ぱらぱら立ち読みしていてホゥ?と目が止まったのが3月の震災前後で着物への意識がどう変わったかという記事。

うきうきとは着られなくなったという人、だからこそしっかり着てやろうという人、私の場合はどうかというと…

直後はちょっと体調を崩していたり、実際に間接被災して疎開生活を送っていたようなものでしたから着物を着るゆとりなどまるでありませんでした。

GWも過ぎた頃からそろそろと思った矢先、今度は家族の入院などでまたしてもゆとりなし。

そんな中でむくむくと湧いてきたのが「ようし、着物のメンテをするぞ~!!」という修理意識(笑)です。

寸法が大きすぎる母の着物、取れないといわれた染みが付いたままの結城(しかも薄色!)、ごわごわうねうね、どうにも着用に堪えぬ京都の有名織屋さんの紬…

ワインの瓶底に溜まった澱が動かした拍子に浮遊するかのごとく、長いことず~~っと気にかかっていたその着物たち!

え~い、もう直しますっ、潔くまとめて直しますって!

Mt1

母の小紋: 寸法直しました。袖丈もぎりぎり標準に出せました。八掛再利用(黒いのはたんに置いてみた帯です)

Mt2

母の紬: 同上。 この八掛の色はお気に入り。「こと着物に関してだけ」は、母の趣味に一目置いてます。

Mt3

誰かの塩沢: 同上 + 積年の袖汚れもきれいに落としてもらいました。

Mt4

Mt5

実際は画像よりずっと濃い色、マイカラーの深紫色です。

深い深いその色に一目惚れの京都鷹ヶ峰産でしたが、生地を柔らかくするために洗い張り(それでも仕立士さん泣かせだったそうです)、衿や内上げ部分の仕立ても相当工夫していただきました。

今回直しをお願いした先は阪神大震災の経験者で、私の「直したい心境」をとてもよくわかると言って下さいました。

もちろん心境だけでなく、より良いかつリーズナブルなプロのアドバイスをたくさんいただきましたよ。

なんだかほんと、すっきりしました。着物だけでなく、気持ちも!

来週あたりには残り1枚も仕上がってくる予定です。

この秋からさっそく袖を通してあげたいと思います♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

達成!!

結婚式出席のためのお稽古はひとまず今日でおしまいです。

暑いなかこれまで頑張ってきました。

さあラスト、集中力をUPして、でも肩の力は抜いて始めましょう♪

前回快調に着られた長襦袢はどうですか?―襟元がちょっとゆるみぎみで不満…

じゃ悩まず直します。

ちなみに今回は襟のV字が少し深めでした。ついでに衿先を引いてシャキッとさせておきますか。

はい、次、着物(どんどんいきます!)

20110912213147

着物の課題は丈合わせとお端折りの布目のよれでした。

一見関係ないようですが、実はこのふたつ連動しています。

丈を合わせる時、腰回りに余分なたるみが残っていると腰紐を締めた後のしわ取りが大変なばかりか、布目までよじりかねません。

腰に当たった部分をよく引いてたるみを無くし、身体にぴたりと添わせておきましょう。

20110912213224_2

そして帯です。

お太鼓結びはシンプルゆえにごまかしが利きません。

真っ直ぐ背負う、二重太鼓の部分がずれないなど基本部分は特に注意を。

この日は要所要所できちんと締めた効果がでて、きりりとしまったお太鼓が出来上がりました。

美しくすっきり、見事達成、やりました!!

このイメージをしっかり頭の中に入れて、当日は自信を持って臨みましょう。

受付、証人の大役ばかりで大忙しになりそうですが優雅な着物姿でしっかり目立ってきてください。

素敵な思いでになりますよう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残暑

思いっきりの残暑が続いています。

この2日くらいは熱帯夜も復活して、寝姿は夏に逆戻り。

Zansho_2

いったん涼しくなったあとだけに人も猫もこらえ性が低下…

あともう少し、ミュゲちゃんがんばろー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ来週

ひきつづき、最終段階のお稽古です。

20110908221743

前回は丁寧にと思うあまり、着るのに時間のかかってしまった長襦袢ですが、この日はどうでしょう。

要した時間はおそらく前回の1/4~1/5くらいです。

で、その結果は?――バッチリscissors 

時間が長い(手数が多い)=丁寧、短い(手数が少ない)=雑では決してないんですね。

決めるべきところを決め、あとはささっと着たほうがむしろ無駄が無くなって着崩れを起こしません。

今回でしっかりと体得しました!!

そして着物、帯についても全く同じことが言えます。

ミニマムな手順と、もし手直しするならでいつの時点にどこを直せばよいのか、など感覚ではなく合理的に考えるようにします。

今日見つかった着物と帯の課題にポイントを当てて、また練習をしてみて下さい。

あまり考え過ぎはNG、ここまで来たら女は度胸、着物も度胸でいざ、勝負~sign03 (笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう1年

ミントが家にやって来てから早いもので1年が経つ。

去年の今頃は栄養失調で生きるか死ぬかの瀬戸際だった。

↓ガリガリ、ふらふらの1年前

2010

思うにネコの格差社会は激しい。

去年の酷暑のさなか、そのまま命運尽きるところを拾われて手厚い介護と極上の生活をゲットした。

よく食べてよく遊ぶ。

この夏も暑さ知らずでひとり元気だった。

08a

誰にでも愛想良く外交術に長けている。

ひとの傍が大好きで気づくと近くにいたり。

1年たっても相変わらず仔猫のように小さいけど、存在は10年目?cat

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »