« 箱根 | トップページ | 秋、味覚です! »

9月の白い着物

猛暑と思えばいきなり秋、極端な気温差に振り回された8月もじき終わりです。

そして9月、残暑は厳しくとも意識は秋へと移ってゆきます。

この季節になると真っ先に袖を通してみたくなる着物、

この着物を着たくなったら今年もこんな季節、

季節と着物が一体となって感じられるようなったのは着物に馴染み始めてどのくらいたった頃だったでしょうか。

結城のような真綿のほっこり感は肌寒さを感じた頃に、薄手ですべらかな手触りの大島は春一番に、同じ絹でも季節によって素材感まで選ぶのも着物の楽しみのひとつと言えます。

初めの着物というのは家族のもの、譲られたもの、あるいは誂えでももっぱら親が娘に着せたい着物(本人の趣味とは必ずしも一致しない)などが大方だと思います。

それゆえに増えたとしても種類・素材・色柄とも実にランダム…

そんなふうに何年か過ごすうちに、やがて自分なりの秩序が生まれ、四季の感覚も養われてきます。

5~6年、少なくともそれくらいはかかったはず…まあ、何事も一朝一夕には為りません。

育ててくれるのはやはり「時間」ではないかと。

さて、ちょっと逸れてしまいましたがもとい、季節と着物。

私が晩夏から9月にかけて着たくなるのは「白い着物」です。

新年にも「白」、たとえば白大島などがよく着られますが、これは初春の清々しさを表したものでしょう。

白は夏の間ならもちろんいつでも活躍してくれますが、私の場合、初夏や盛夏には紺、墨、黒など濃い色の着物、晩夏から秋口には白。

夏の始まりには夏着物の真髄である透け感を最大限に楽しみたいから。

どんなに残暑が厳しくても、翳りに向かう陽射しには絶対白が似合う!

という独断と偏見(笑)

単に元々の根があまのじゃくなだけかもしれませんが。

ただし、白といってもそこは9月のこと、透ける白、麻の白も避けるのがお約束というところです。

ともあれ白い着物と帯のヴァリエテです。

Tai_2

通年締められる帯ですが、ざっくり感から単衣と合わせることが多い茶系の格子帯

Tai1

Tai2

まだまだ暑さの残る時期なので小物は明るい色で軽やかに

Om

御召地の帯 サラリとした風合いで同じく単衣時期に重宝です

Om1

Om2

Om3

少しだけ灰をまぜたような色合いで柔らか色も秋の気配

|

« 箱根 | トップページ | 秋、味覚です! »

コーディネート」カテゴリの記事

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/41326877

この記事へのトラックバック一覧です: 9月の白い着物:

« 箱根 | トップページ | 秋、味覚です! »