« デュオ(ジュニアの部) | トップページ | 春~~♪ »

洋服と違う/同じ

3回目のレッスンです。

前回につづき、着物を着るところまでを確認しながら練習しました。

「きものを着る」ことの全体像が見えてくる頃です。

なにしろ直線断ちの布を立体の身体に合わせていくのですから、洋服とはいわば対極の世界、こんなに違うのかとあらためて実感されたのではないでしょうか。

初めのうちは何ヶ所かのチェックポイントを意識しながら練習しましょう。

これを繰り返してゆくとやがて手が覚えてくれて勝手に動いてくれるようになります(ホント)。

さて、着物の着付けは洋服と全く違いますが、コーディネートは「着物だから」と強く意識する必要はありません。

モダン好みの方なら案外洋服と同じかも。

たとえばお持ち下さった帯は渋いゴールドの全通柄ですが、くっきり、めりはりのある色柄の着物を活かすにはこの抑えめ加減がちょうど良い具合です。

小物をどう合わせるか?

20110126210840

こちらは帯の模様部分の深紫色を取った例。

紫の帯揚げ、ブロンズ系の同色帯締めにも紫の糸が入っています。華やかですがシックな雰囲気。

20110126211352

こちらは黒でモダンに。

白と黒の小市松の帯揚げをアンバランスにかけ、黒の三分紐にカットガラスの帯留をプラスしました。

着物の場合は洋服より一段階派手・大胆くらいがよし、でもバランスそのものはどこか洋服に通じると思いませんか?

次回はいよいよ帯結びへ進みます。また頑張ろー♪

|

« デュオ(ジュニアの部) | トップページ | 春~~♪ »

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/38626543

この記事へのトラックバック一覧です: 洋服と違う/同じ:

« デュオ(ジュニアの部) | トップページ | 春~~♪ »