« 平穏な日々 | トップページ | あさくさ和装塾第5回レポート »

秋単衣+袷の10月

秋の訪れをようやく感じられるようになりました。

思い入れたっぷりに着物と向き合うにはやはりこのくらいの陽気でないと…

それにしても今年の夏は暑くて長かったですね。

9月の終わりになってやっと単衣を着てみようかという気分になりましたが、満足に着ないうちに月が変わってしまった(笑)

とはいっても10月もまだ暑い日があるらしいですから、しまうのはもうしばらく後で。

4、5月も気温によっては前倒しで単衣を着たように、10月も暑いと感じれば単衣を着てしまいましょう。

こういうとなんだか「衣替え」のけじめを崩すことを勧めているみたいですが、よほどの席でない限り、裏付き・裏なしの別などあまり気にせずによいと思います。

友人との気軽な会食に汗だくで袷を着ているより、シックな木綿にうさぎとお月さまの帯の方がずっと素敵です。

真夏・真冬以外は隣り合ったシーズン同士、袷/単衣/薄物の境をゆるくして臨機応変、自由に着分けるほうが今らしいんじゃないでしょうか。

ただし、この「自由に」が案外と曲者。

「自由に着てよい」=「なんでもよい」は少し違っているように思うのです。

ガチガチのルールに従って着ていればとりあえず安心でしたが、自由にと言われた途端、すべての判断は自己責任に。

何をどう着るか、そのひとのセンスが試されることになるわけです。

季節にふさわしい質感、色、柄、全体の統一感など、裏の有り無しのように単純にいかないところがかえって難しいかもしれません。

そういったことが分かるようになるにはやはり時間と場数、なるべく多くの機会、人、物に触れ、自分の眼を養ってゆくことが必要です。

まあ、何事も「ただ」では手に入りません。

面倒と思うか、悩ましくも楽しいと思うか、それも着る人次第です。

さて、10月本来の袷、もちろんこちらの準備もぬかりなく。

なにしろ袷では暑いからいきなりコートが欲しいに気温が激変することも珍しくありません。

「暑苦しい袷」や「間にあわせの単衣」は無粋というもの。

お天気次第でいつでも切り替えられるよう準備を整えておきましょう。

それでは羽織やコートで隠れてしまう前のひととき、心ゆくまで秋の装いをお楽しみください。

Oct2_2

単衣というと紬や御召が一般的ですが、これは重めの縮緬を単衣に仕立てたもの。

前倒し/後倒しの単衣にはちょうどよい塩梅です。

深いボルドー色が秋らしい古代縮緬の帯は刺繍で薔薇一輪。

Oct4

暑さの残る秋口にはひんやりした手触りの大島もよいものです。

ろうけつ染めの帯は着物からのリメイク品、秋らしく茶系でまとめてみました。

Oct3 

肌寒くなると手に取りたくなるのが結城紬です。品よく着回せる薄藤鼠の無地。

今回はちょっとあらたまった席やパーティーにも向く塩瀬の帯を組み合わせてみました。

焦げ茶地に金泥だけで描かれた蔦模様が繊細です。

実りの秋…

10月の続編として小物の「秋色コーディネート」を準備中です!

Aki_2

|

« 平穏な日々 | トップページ | あさくさ和装塾第5回レポート »

コーディネート」カテゴリの記事

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/36966364

この記事へのトラックバック一覧です: 秋単衣+袷の10月:

« 平穏な日々 | トップページ | あさくさ和装塾第5回レポート »