« 第4回和装塾レポ-ト | トップページ | 所作講座(2) »

盛夏を爽快に過ごすきもの

相変わらず暑い日がつづいています。

今夏のような猛暑・酷暑では一度袖を通しただけで、襦袢はいうまでもなく、帯・着物までじっとりと汗を含んでしまいます。

そんなとき自宅で思いっきり洗えたら気分は爽快、よけいな悉皆費用もかからず大助かり♪

でも洗えるといっても盛夏のポリエステルはさすがに暑い…

やっぱり自然素材がいちばんです。

ただ、せっかく自宅でお洗濯してもそのあとのアイロンがけを思うとやっぱり着るのやめようかなあ、なんて。

洗濯後は干しっ放しのノーアイロンも外せないポイントです。

そんなわがままな条件にかなう素材の一押しは麻。

木綿も生地そのものにシボのあるしじらや絞りが手間要らずです。

今月は手軽に洗える素材優先に着物を選んでコーディネートをしてみました。

Getattachment2

カジュアルな麻の代表、小千谷縮です。

無地や縞だけでなく、柄物も多く出ているので好みの一枚を。

気軽に締めるなら麻や博多の献上帯などが似合います。

Get3

有松鳴海絞は高級浴衣にもかかわらず、手洗いOK

襦袢と併せればもちろん着物として着られます。

Get5

平織りの木綿は真夏は案外暑く感じるものです。

阿波しじらはシボシボで肌にまとわりつかず着心地よし。

Get6

夏の気軽な帯といえばやはり麻、織・染め、柄のヴァリエーションも豊富です。

博多の単や紗の献上帯などもお勧め。画像のような紗の四寸帯もあります。

ちなみに今回の絞りとしじらに合わせたのはどちらも洗える帯。

着物も帯もまとめてど~んと洗濯機へ放り込んで気分すっきり、ぱりっと乾いたらまた着てお出かけしましょう!

暑い暑いと言っているうちに夏も残り少なになってきました。

ゆく夏をどうぞ着物でお楽しみください。

|

« 第4回和装塾レポ-ト | トップページ | 所作講座(2) »

コーディネート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/35929112

この記事へのトラックバック一覧です: 盛夏を爽快に過ごすきもの:

« 第4回和装塾レポ-ト | トップページ | 所作講座(2) »