« 盛夏を爽快に過ごすきもの | トップページ | 夏猫コレクション―いい加減終わりたい »

所作講座(2)

所作講座2回目です。 

前回は歩く・立つ・座る・お辞儀するなど、基本中の基本を学びました。

今回も引き続き、日常の中のごくありふれた動作―物を「取る」、「渡す」、「拾う」所作からです。

201008221534000

物を人に渡すとき、相手が受け取りやすいように向きを変えるのはいわばエチケットの部分でこれは洋服と同じ。

さらに着物では、何か物を取るときには開いた袖口や袂に片手を添えて押さえる動作が加わります。

これはきれいな所作と同時に袂で物を倒したり、袂の汚れ防止など実用的な必要もあります。

何をするにもいちいち邪魔になる袂ですが、上品で優雅な印象を与えるにはまずこの袂の征服が必須です。

また、すっと屈んですくっと立てるよう、足腰を鍛えるべし!!

201008221536000

次はショールやコートの脱ぎ着を学びます。

着物を着始められた方なら誰しもこれらの扱いに苦労した経験があるのでは?

帯に引っかかる、脱いだ後にすっきり畳めずもたもたした、地面に引きずってしまった、などなど。

これらもちょっとした要領とコツを飲み込めばとてもスマートにできるようになります。

玄関先やお店の出入りのときなど一瞬のことですが、流れるような動作でできれば着物姿がランクアップすること間違いなし。

誰もがする当たり前の仕草やなんでもない脱ぎ着だからこそ、かえって他と差がつくものです。

ふだん洋服の生活に慣れていると初めはどれも面倒に思えますが、せっかく着物を着るからにはやはりエレガントな立ち居振る舞いができてこそ!

さて、この日は所作講座に続いて歌舞伎のDVD鑑賞をしました。

我が身の振りのガサツさを思い知ったあとで見る歌舞伎役者たちの身のこなしには感服するばかり。

玉さまのなんと美しいこと、気品のあること…ほ~っ、と溜息の鑑賞会でした。

|

« 盛夏を爽快に過ごすきもの | トップページ | 夏猫コレクション―いい加減終わりたい »

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/36316616

この記事へのトラックバック一覧です: 所作講座(2):

« 盛夏を爽快に過ごすきもの | トップページ | 夏猫コレクション―いい加減終わりたい »