« 梅雨の楽しみ方 | トップページ | この夏、まずは浴衣を »

夏着物の粋

七月、今年も夏着物の季節がやってきました。

袷から単衣に変わったときの軽さからさらにもう一段、羽を纏うような軽やかさへと変わります。

私がきもの道にはまったきっかけは一枚の浴衣でしたが、いよいよその深みに引き込まれたのは夏着物の美しさに魅せられたからだと思います。

夏に着物、暑いのに、わざわざ…

たしかに夏の着物は暑いです。どんなに工夫したところでやっぱり暑い。

でも傍目には洋服より着物姿の方が涼しそうに見えるから不思議です。

素肌が隠れて見えない分、体温の熱を感じさせないからでしょうか。

ゆったり抜いた襟元や大きくあいた袖口も風が通り抜けそうで案外涼しげに見えるのかもしれませんね。

72

そしてなんといっても夏着物の美しさを特徴づけるのはその「透け感」にあると思います。

襦袢と着物が重なってできる布と布の透け、どこまでも奥ゆかしく、慎ましやかです。

墨や黒の紗の着物の下の白い襦袢、身体の動きにつれ流れるような陰影が生まれる絽の着物、夏の着物姿は蝉の羽のような儚い美しさとともに、いかにも涼しげな印象でまわりの人の目を惹きつけるものです。

71_2

73

夏結城に夏大島、上布に紗や羅の帯…

暑い夏にしゃっきりと、いかにも涼しげに装う、そんな心意気こそが夏着物の粋といえるでしょう。

今月は透け感を楽しむ夏着物のコーディネートです。

74

蝉の羽に喩えられる明石縮は黒に近い鉄紺

濃色の着物に白地の帯は夏の定番です

75

いかにも涼しそうな羅の帯に替えて

すっきりモダンな絣模様に羅の帯のこなれた装いです

76

藍気鼠に白いドット柄の絹紅梅

こんなシックな色ならぜひお出かけ着として

77

麻の帯に替えるとカジュアルさが加わります

さあ、今年の夏はひときわさわやかに、夏着物でどうぞ素敵にお過ごし下さい♪

|

« 梅雨の楽しみ方 | トップページ | この夏、まずは浴衣を »

コーディネート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/35543962

この記事へのトラックバック一覧です: 夏着物の粋:

« 梅雨の楽しみ方 | トップページ | この夏、まずは浴衣を »