« 似ている… | トップページ | 夏猫コレクション―その2 »

サクランボ

近所に昔ながらの八百屋さんがある。

嬉しいのは小さな果物を量り売りしてくれることだ。

さくらんぼ、杏、ライチ

Ceries

ドサッとつかんで茶色の紙袋に入れてくれのもよい。

初夏の頃、何度か立ち寄って買うのがさくらんぼとライチ。

出始めでまだ値が高いときは200gずつ、食べ終わって次による時には単価が下がっている。

これを繰り返し、頃合をみて各300gに。

葡萄をはじめ、私はどうやら丸いひとくちサイズの果物が好きみたいなのだが、これは器に盛ったときの形が気に入っているせいもあるかもしれない。

果物はよく静物画に描かれているように、器にどっさり盛られたものがよい。

たくさん盛られた果物は幸せな気分にさせてくれる。

だからさくらんぼといっても買うのはもっぱらアメリカンチェリーだ。

日本のさくらんぼはたしかに繊細だが、よほど良いものでないと味が薄い。

1粒の大きさも口に入れたときの食感としてやや物足りない。

なにより中途半端に高いお金を払って半端な量の半端な佐藤錦は食べたくないのだ(以前、こんなに美味しいものか!という佐藤錦をいただいて食べて以来、なおさらそうなった)。

ただし、いくらどっさりといっても日持ちや消費ペースを考えないと食べきれないうちにダメにしてしまう。

多分、さくらんぼやライチはそんな条件をちょうど満たしてくれるのかもしれない。

あと2回くらい単価が下がったら、今年のシーズンも終わりかなあ。それまでしっかり食べるぞ~

♪写真右端の日本風もアメリカンチェリーです♪

「ちょっとの間だけ出るんですけど、皆さん間違うんですよ」と八百屋さんが教えてくれました。

プライスも国産並みなので100gだけお試し購入。味も甘みもあっさりです。

|

« 似ている… | トップページ | 夏猫コレクション―その2 »

いただく(食)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/35432035

この記事へのトラックバック一覧です: サクランボ:

« 似ている… | トップページ | 夏猫コレクション―その2 »