« とにかく暑くないように | トップページ | 場所取りのプロセス »

5月の単衣

衣替え――私の子供時代にはありましたよ。

でも今や制服でもない限りそういった習慣もあまりうるさく言われなくなりました。

そして頑なに守られてきた着物の衣替えもいよいよ変わる時がやって来たようです。

気温や体感温度に合わせればよいという考え方が遅まきながら市民権を得るようになりました。

現実にはもうかなり以前から実践されていたことですが、まあ何事も市井が先に変わって規則は後追い、というところです。

夏日の5月や残暑の厳しい10月にそりゃあ袷の着物は着たくないですよ。

ただ、単衣の着用期間が長くなると今度は同じ単衣でも初めと終わりでは気持ち違ってくるかな、という別の問題が出てくるかもしれません。

たとえば4、5月に暑いからと着る単衣と本格的な夏まじかに着る単衣のような。

これは9月と10月、逆のケースになりますが秋単衣についても全く同じことが言えると思います。

まあ、あまり各論的に細かく分けるときりがないのでまずは単衣、そして着始めと着納めの頃では帯や衿を替えて工夫するのが現実的でしょう。

5月のフライング単衣なら帯や衿は袷の時季のもの、6月に入り、いよいよ暑くなったら夏帯や絽の衿に切り替えるなど。

また、小物も含め全体的な色合いで変化を付けるのも効果的です。

襦袢に関しては暑いと感じるとき/感じたときから迷わず夏物です。

Eri

塩瀬と絽、定番の白衿も季節で着替えます

Obi

すべらかな質感の塩瀬の帯は単衣着物にも活躍

Obi2

夏が近づいたら麻や透け感のある絽、紗、羅の帯で

同じ白地の単衣も帯や小物の色使いを変えると季節感が変化します。

Clo

4、5月なら藤、緑、黄など花をイメージさせるこんな感じ

Col2

6月も後半なら水色や藍の組み合わせて清々しく

それでは風薫る5月、単衣着物でどうぞ軽やかにお過ごし下さい。

きものの小径

今日は着物でお出かけ!着付けの個人レッスンいたします

|

« とにかく暑くないように | トップページ | 場所取りのプロセス »

よそおふ(衣)」カテゴリの記事

コーディネート」カテゴリの記事

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/34624319

この記事へのトラックバック一覧です: 5月の単衣:

« とにかく暑くないように | トップページ | 場所取りのプロセス »