« 清水靖晃のバッハ | トップページ | 春、きものを着よう! »

3月、さくらのコーディネート

月も変わって3月、弥生です。

といえばやっぱり「さくら」しかないでしょう。

桜の開花予報が出始めれば、今年のお花見はどこへ行こうと気分もふくらみます。

桜のお菓子に器やインテリア、桜のフレグランスや石鹸まで、街の中にも桜があふれます。

Sakura_2

お花見は楽しみでも桜を意識したファッションは洋装ではまず聞かない…

そんなこと気にもしないですね、そういえば。

かたや和装の世界、呉服屋さんも着る人もここぞとばかり力を入れたくなるのがこの桜の季節です。

もちろんデザイン化されていれば一年中、夏でも秋でも着られる柄なのですが、なんといっても自然界の桜の季節、旬ですから。

それにしても日本人の遺伝子には桜が摺込まれているのでしょうか。

もし今時風に和装で使われる柄ランキングなど。きっと第1位は桜だと思います。

さて、その桜、着物でどう表現するか。

桜の花や花びらなど柄で直接的に表す、桜の色を取り入れる、あるいは和歌や古典文学の場面を想起させる知的遊びまで着る人ひとりひとりの感性に拠るところでしょう。

今回はそんなさくらのコーディネートです。

桜も咲けば春爛漫、気温が上がってコートや羽織がいらない日も多くなります。

そんな軽やかな日の装いに今回は半幅帯を使ったコーディネートなど。

Shidare_2

吉野間道の着物に博多にしては珍しい華やかな枝垂桜を織った半幅帯で。

せっかくの柄なので小物は使わず帯だけで装います。

黒塗の下駄で足元も粋に。

Shidare2_2

吉野間道は江戸時代の島原の名妓、吉野太夫が愛用したことからそう呼ばれるようになった名物裂のひとつです。

小粋な格子柄の雰囲気とともに、桜に吉野をかけて楽しみます。

2dan

これも博多の半幅ですがぐっとイメージが変わります。

2dan2

グレーと焦げ茶、大胆に上下二段で分かれた境には桜色が。

2dan3

同じ組み合わせ、着物をダークなものに変えて。

紋織りの帯は緯糸(よこ糸)に桜色が使われているため、よく見ると全体にもピンクが浮き出ています。

Jimi

こちらはいつもと相変わらぬ地味渋の後ろ姿、どこに桜…?

Hanabira

帯の上にいた!

花びら形の帯留は象牙の職人もの(→竹蔵龍)。

小さめでも存在感があります。

Sakuraeri

こちらは襟元に。

綸子の襦袢地を転用、白の光沢だけの桜がかえって華やかです。

初春のコーディネートに使用の細雪と同シリーズ(→着物好日

紬好き/渋好み/控え目、だけど人と同じはやだ!(笑)という方にはこんな桜がお薦めかも。どちらもさりげないですが、か・な・り目立ちます。

Kinchaku

おまけ

宇野千代さんデザインの巾着はクリップや着付け小物持ち歩き用に愛用

桜の柄の着物は(やっぱりというか)私の手持ちにはありませんでしたが、それでも襦袢の地模様、帯揚げに少しなど桜柄はけっこう多いものだとあらためて思いました。

メインの着物や帯で桜を満喫するもよし、普段よく着る着物のどこかにちょっとだけ桜を取り入れるもよし。

そんな風にして今年の桜、楽しんでみてはいかがですか♪

きものの小径

着物でお花見♪着付けの個人レッスンいたします

|

« 清水靖晃のバッハ | トップページ | 春、きものを着よう! »

コーディネート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/33403365

この記事へのトラックバック一覧です: 3月、さくらのコーディネート:

» 桜を先取りする着物の贅沢 [ライフスタイルblog彩り]
本加賀友禅訪問着「桜にセキレイ」 創作友禅訪問着「鴛鴦十一羽」本加賀友禅総柄訪問着「流の雅」白地桜模様絞り振袖絵羽京紅型の振袖 総身桜樹 振り袖 紫大島訪問着 さくら花道知識ゼロからの着物と暮らす入門ファブリック帯の本 林真理子さん 桜はよく着物の柄に使われ..... [続きを読む]

受信: 2010年3月12日 (金) 15:22

« 清水靖晃のバッハ | トップページ | 春、きものを着よう! »