« 室内楽の午後 | トップページ | 猫が踏んじゃった♪ »

男きものも衿で勝負!

男きものの半衿といったら塩瀬の無地、色は墨色、納戸色、鉄紺あたりが一般的でしょうか。

(…とばかり思っていたら、昔は「黒」以外は邪道だった!ということを着物好日のchiyaさんから教えていただきました。ありがとうございます。)

まあ、現代に暮らすワタクシ的にはその中でオールマイティといえばやはりグレー。

黒・鼠系はいうまでもなく、紺、茶、緑、白、どの系統の色を持ってきても首ときもの間をしっくり馴染ませ、繋いでくれます。

まあ大概のものなら受け入れてくれる懐の深い色ではないかと思います。

年が明けるとなぜか着物ごころが芽生えるらしいわが弟ですが、先日自分の半衿を替えるついでにそちらもまとめて。

洗ってまた同じものを付けるのも能がないではないか…

男前の衿なら兼用もありかと思いつき半衿箱の中を探してみました。

Ichimatsu

グレーと黒の市松模様、これなんていいかも。木綿。

Tatewaku

正絹のチャコール地に生成の立涌、この程度の柄なら十分いけるか。

Bettin

寒いこの時季、墨色の別珍などもbon!

おお、けっこう使えるではないか。

女物の半衿付けは皺がよらないように気をつけたり、意外と手間のかかる針仕事ですが男きものは衣紋を詰めて着るので余計ごとを考えずにただざっくざくと縫い付けてお終い。あら簡単!

男きものといえどもお洒落心をもって、こんな衿で差をつけてはいかがでしょ?

きものの小径

休日は着物で。着付け、始めませんか?

|

« 室内楽の午後 | トップページ | 猫が踏んじゃった♪ »

よそおふ(衣)」カテゴリの記事

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/33055872

この記事へのトラックバック一覧です: 男きものも衿で勝負!:

« 室内楽の午後 | トップページ | 猫が踏んじゃった♪ »