« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

恵比寿でビールで新年会

今年初めての着物集まりin 恵比寿です。

まずは初売りへ。

今回は初めての方など、新人さんもたくさんいたのでひたすら説明やアドバイスしながら専ら目福を楽しむことに。

そして次は本命?みんなでビールで新年会です。O0240032010387950235

綺麗色やたくさん色の入った華やかな着物で。

若いっていいなあ!

O0240032010387948736_2

それ、何杯目ですか?

とにかく酒豪揃いの着物軍団…

O0240032010387947175_3

年明けからずっ~とbusyな毎日…

久し振りの飲み会に年甲斐もなくキャッホー♪

今年もいろいろな企みがありそうです。

皆さん、本年もどうぞよろしく!!

きものの小径

今年こそきもの!着付けの個人レッスンいたします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の1本

P1020097

ドメーヌ ルロワのブルゴーニュルージュ1999です。

ルロワといえば、知る人ぞ知るブルゴーニュの偉大なネゴシアン。

先代はあのロマネコンティの畑の共同所有者だった人です。

その娘のルロワ女史が現在の当主。

5歳にして天才的なテイスティング能力を発揮したとか。

その女史が、買い付ける葡萄の品質の劣化に危機感を抱き、土壌の改良からはじめて、みずから蔵元として作ったワインがこれ。

グラスに注いだ時の色あいは濃い茶褐色。

香りは豊かで、なにか奥深さを感じさせるもの。

ひとくち口に含むやいなや、質のよい土壌と樽とそして葡萄が長い時間の中で見事に凝縮され、神秘的な空間が口の中に無限大に広がります。

これぞまさにワイン作りの芸術といって良いほどです。

P1020101_2

ボトルのキャップに刻まれた王冠がその誇りの高さを表しているようです。

(by ☆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の白 ―初春のコーディネート

年が明ければ旧暦では春、白地の着物や帯を手に取りたくなります。

晩秋から師走の頃ではどこか寒々しく感じられる白も、新年になれば白大島など初春の清々しさとともに華やいだ印象を与えてくれるから不思議です。

洋服だと白はむしろ夏のイメージ、冬場の白は暗い色のコート姿が多くなって重たい雰囲気になりがちな中、ちょっと軽やかに明るくといった意味合いからではないでしょうか。

一方、和の装いでは白い衣は王朝の昔から冬のものとされてきたようです。

Kasane

襲の色目でも冬の代表といえば氷の襲の「表白 裏白」。

これは氷の冷たさを表したものだそうで、赤みなどを含まない白が重ねられています。

寒さのさ中に敢えて雪や氷に見立てた白を纏う…

う~ん、日本人の美意識が凝縮されているように思いませんか?

「冬はつとめて 雪の降りたるはいふべきにもあらず」

冬の早朝のぴんと張り詰めた空気のなかにある冴え冴えとした佇い、無色透明な「冬の白」にはそんなエスプリが秘められているような気がしてなりません。

さて、いにしえの氷の襲をそのまま再現するのは無理として、雪や氷に見立てた冬の白は現代でも十分受け継がれています。

今回は今様、初春の白のコーディネートのご紹介です。

Claire

白地に胡桃色の細縞がぼかしのように入った杉染めの大島に真綿の帯。

帯も藍から薄墨へのぼかしです。

甕覗のゆるぎで凛とした装いに。

Koori

氷が割れた様子を表す氷割が絞りで施されています。

Sasame

半衿はいつもの「着物好日」で見つけた正絹の白。

細かい霰の地紋が織り出され、まるでキラキラと雪が舞い散るよう。「細雪」とネーミングされていました。

小さく上品な霰の光沢が抑えた全体にほんの少しだけ華を添えてくれます。

Fonce

もちろんいつものダークなきものにも氷割の帯で。

こちらも練色のゆるぎできりりと新春らしく。

氷に見立てた透明ガラスやクリスタルの帯留・帯飾りをあしらっても素敵です。

きものの小径

今年こそきもの!着付けの個人レッスンいたします

続きを読む "冬の白 ―初春のコーディネート"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年の小虎たち

年が明けてもあたふた、ひと、相も変わらず。

小虎たち、同じく相変わらず。

とりあえずのご挨拶、今年は下からいこうか。

Mil_2

ミエル miel 3歳(=人年齢28歳)

ダンボールより愛をこめて。

チーズ三昧もよいが女盛り、少しはダイエットとか気にしよう!

Tng

タンゴ tango 9歳(=52歳)

決めのポーズは今年もやっぱり片手出し。

誰か、一人でもよいから私を♀と呼んでくれないか(昨年、獣医さんでも♂に間違われた)。

103

ミュゲット muguette 12歳(=64歳)

最年長に敬意、3枚逆zoom

104_3

立派な歯と歯茎を獣医さんに褒められた。

105_2

ゆとり~

しかし水飲みにシンクへジャンプするのがだんだん厳しくなってきた。

そろそろバリアフリー考えといて。

人間も猫も平均年齢前期高齢者のわが家。

ま、みんな、今年もポチポチゆきましょか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »