« ずいぶん寒くなって | トップページ | 今年の紅葉 »

コーディネート・レッスン

Sh380310_2

お友達の結婚式では久しぶりの振袖に自分で感動!

京都旅行では念願の舞妓体験や着物で観光にこれまた感動♪

この秋の着物イベントを次々とこなし、ようやくひと段落されたそうです。

そこで本日はさらなる進化を目指してのお稽古。コーディネート・レッスンです。

好きで手に入れたはずなのになぜか出番のない着物や帯…きっとどなたにもあるんじゃないでしょうか。

今日の着物もそんな一枚、大小の亀甲柄の小紋です。

同じく、どうやって使ってよいのか自信が今ひとつでこれまで出番のなかった帯とコーディネートのための小物もたくさん持ってきて下さいました。

20091117204209

まずは深緑系の紅型調の帯

ベージュに見える着物の地色は実際には点描のように朱や緑が混じっています。

そのため両方の緑が呼応して帯は難なく載せることができます。

鶯色の帯揚に、帯締めは着物と帯の中のもう一色、照柿色を持ってきて今の季節に。

20091117204029_2

こちらは帯揚・帯締めを同系色ながら一段明るくして軽やかにしたもの。

この帯、前回お稽古した角出し結びがぴったりです。

出番なしなんてもったいな~い!

20091117204709

つづいて大胆柄の黒地の帯です。

赤い菱の中に緑の花びらが入っているので帯締めも緑のひと筋をきっぱり効かせました。

赤と緑、クリスマスにちょうどよさそうですね。

20091117204937

帯締めを白っぽいものに変えてみました。

細紐1本のマジックはすごい!

途端にぱっと明るくなって、新春ならこっちかな。

組み合わせがよくわからず、迷うとついつい白や黒の無難路線に逃げてしまいがちとのこと。

それぞれの含んでいる色をよく見ること、合わないだろうと思っても一応乗せてみる、あまり考えすぎないでとりあえずどんどん試してみて下さい。

あら、意外にいいじゃない、これ!そんな発見が必ずあると思います。

つくった組み合わせを忘れないよう写メで記録しておくのも良いですね。

また部分で考えず、いつも着物+帯+小物の全体でコーディネートすることが秘訣です。

出番、増えそうですね♪

きものの小径

自由に楽しく!きもの、着てみませんか!

|

« ずいぶん寒くなって | トップページ | 今年の紅葉 »

着物」カテゴリの記事

コメント

私は下から2番目のコーディネイトが一番好きです。
間が空いてしまい、名古屋帯を結ぶ自信がなくなりました。着物は時々着ています。
早く仕事に自信が持てるようになって、着物で登壇したいです。

投稿: M.S | 2009年11月19日 (木) 22:15

帯結びはちょっとしないとほんと忘れます。でも一度覚えたことはまた思い出せるのでご心配なく。
ゆとりができたら着物で登壇、うん、それいい。それでいきましょ!
以前、入間で野田双子織の作品を見る機会がありましたが素晴らしい綿織物でした。今は織り手も少なく、博物館レベルでしか継承されていないのがとても残念です。
普段着物を着る人が増えて復活すると良いのになあ。

投稿: chaton | 2009年11月20日 (金) 15:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/32262393

この記事へのトラックバック一覧です: コーディネート・レッスン:

« ずいぶん寒くなって | トップページ | 今年の紅葉 »