« スウェーデンから | トップページ | 旅先で浴衣 »

秋を意識して

なんだか食の季節が変ですよね…

野菜も果物も早く出て来る、来過ぎる…7月にはもう葡萄や梨が並ぶんですからねえ。

この調子で前倒ししていったら、気づいた時はワンシーズンずれてた、とか…季節のものをその季節に食べる、そんな当たり前がよいと思うんですけど、どうなんでしょ。

それでいて世の中、スローフード流行り…妙です。

話変わって、着物の季節です。

こちらは古来、先取りが良しとされる世界。

たしかにイメージ的には浴衣は4~5月、8月には秋冬に意識が切り替わっているから不思議です。

もちろん着物は考えるだけ。果物と違って買って実際に食べたり(着たり)はしませんよ。

それどころか、9月も夏物、10月だって単衣のお世話になるくらい暑いのが現実ですから、体感温度に合わせてこちらはむしろ後倒し。

すっきりしないお天気続きだった今夏ですが、既に立秋も過ぎました。

で、なんとなく秋を意識した、たとえばこんな組み合わせ。

Ol

深緑の地色に猫足の小紋柄の綿紬

ざっくり感のある野蚕糸の帯は春先から秋までの単衣時季に重宝です。

Nr

まだまだ暑いので盛夏にも着た阿波しじらで。

白地の着物には黒地に赤の入った帯でややこっくり感を出すと、夏のコーディネートとはまた違った趣が。

(端っこのほうにまた黒い脚と尻尾が登場していました!)

Nr2

この帯は母のもの。

お下がりや頂き物は出自がわからないものが多々ありますが、これもそう。

モノはなんだか不明、とりあえず夏帯だそうです。

黒地にくすんだ赤や香色の色あいに加え、このようなエスニックな柄は案外と使えて、単衣・夏と活躍します。

因みに今回使った着物はどちらも「浴衣」ですが、このように組み合わせ次第で十分秋口の着物として楽しむことができます。

浴衣で秋気分先取り、いかがですか?

きものの小径

秋は着物でしっとり。着付けの個人レッスンいたします

|

« スウェーデンから | トップページ | 旅先で浴衣 »

浴衣」カテゴリの記事

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/31003751

この記事へのトラックバック一覧です: 秋を意識して:

« スウェーデンから | トップページ | 旅先で浴衣 »