« 猫はどこへ行った? | トップページ | もう7月… »

帯かがり

20090617080256

家に眠っていた八寸帯を自分でかがってみることにしました。

まずはタレからスタート。

①タレの耳から110cmくらいを折り返す

②重ねた2枚がずれないようにマチ針を打ち、さらに躾をかける

③タレの両端をかがる(よれないように必ずタレ先から!)

④タレの耳は1cmくらい折り込んで千鳥がけで留める

これで完成。つづいて手先です。

20090617080437_2

⑤手先を中表にして真二つに折り、端から1~1.5cmのところを返し縫い

⑥縫ったところから1cmくらいきせを掛けて表に返す(写真は表に返したところ)

⑦手先の端からかがる

※名古屋仕立てなら43cmくらい、端折って松葉仕立てなら15cmくらいかがれば大丈夫です。

注意点はタレをかがる時に2枚きちんと揃えること!よれるとせっかくのお太鼓にモアレ模様ができてしまいます。

面倒でもマチ針や躾で丁寧に下準備すること、またかがる時は布目のすっと通る部分に針を刺してゆくとよいようです。

針が通りやすい=横糸・縦糸の交差する隙間で布が攣れにくいのだと思います。

かがり方は巻きかがりにしましたが、アップリケのようにスカラップにすることもあるようです。

思ったより簡単で速くできますので、お休みの日なら1日で十分できると思います。

因みに私は下準備、タレの左右、手先で計4日のポチポチ・ペースで。

いずれにしても、最初は安価な帯や洗える帯などで試してみるのがよいかもしれません。

高価な帯や布目の詰んだものなどは、やはり呉服屋さんなど専門家にお任せするほうが無難でしょう。

(余談)

ただまっすぐに縫い進めばよいはずなのに。。。これが案外と難しい。。。

タレの片側1m少々、調子に乗った途中で1回、さらにあともう少しでおしまい!というところで見事に糸がこんがらがりました。

う~、心理を読まれている。。。

針仕事に邪念は禁物、いついかなる時も平常心で。。。座禅みたいね。

きものの小径

夏も着物!着付けの個人レッスンいたします

|

« 猫はどこへ行った? | トップページ | もう7月… »

着物」カテゴリの記事

コメント

おかしいなぁ、、先週コメント入れたはずが。。。ない(>_<)
どこへ行ってしまったのでしょう…
あまりにも疲れていたので何やってたかわかりませんdown

詳しい説明をありがとうございます
不安なので持っていきますので再度のご説明をsign03

投稿: 真璃永 | 2009年6月22日 (月) 09:55

大雑把な説明ですみません。手順ごとに写真をつけるとわかりやすいのですが今度現物で。
延べ4日で終るはずなのですが、いまだ完成していません…ホホ

投稿: chaton | 2009年6月22日 (月) 12:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/30148508

この記事へのトラックバック一覧です: 帯かがり:

« 猫はどこへ行った? | トップページ | もう7月… »