« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

白い帯は万能

20090328190341

前回に続き、紬の着物でお稽古です。

和のお稽古事をされている方にとっては楽しみより、必要で着る着物の機会がどうしても多くなるようです。

彼女の場合も殆んどが柔か物、紬は勉強会などごくわずかな機会に限られているそうです。

たまにタイプの違う着物を着る時、迷うのは帯選び…そんな時にこういった白系の有職柄の帯があると大概の着物に使えて重宝するものです。

この日の着付けはすべて自力、お太鼓結びもコツが掴めました!

ここまできたらあとは慣れるのみ。もう一息ですね♪

ところで、この日はお母様が一緒にいらっしゃいました。

芭蕉の葉を染めたそれは素敵な袋帯(写真撮り忘れました!残念)をお持ちくださったのですが、柔らかすぎてとても結び難いとのこと。

帯芯のご相談のついでに、いつもお教えしている途中まで床で作る帯結びをご紹介しました。

お太鼓の好きな部分を柄出しできる、ポイント柄もOK、これまで苦労されていた部分が一挙に解決!

初心者にも、上級者にも帯結びは楽が一番ですね。

素敵な帯と楽チン結びでますますお着物を楽しまれてください♪

きものの小径

自由に楽しく!着物、きてみませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

着物は十人十色 (4)

シリーズ最後、その4は小紋です。

羽織もプラスしてみました(※都合により以下画像削除)。

黒地にくっきりとした唐子人形柄の小紋に金茶の羽織

敢えて違う小物の色がアクセントになって、むしろ反対色を和らげます

こちらは逆に、全体を柔かな中間色でまとめたもの

すっきりした柄の小紋に、よく見ると麒麟のような柄の羽織が可愛くもモダン

花柄の小紋に梟の帯

可愛いげな組み合わせですが、小物の色で引き締め、羽織の色にもリンクです

モノトーンのきっぱりしたダイヤ柄の小紋にマヤの民族模様のような帯

羽織の虹色ブルーの取り合わせが洋服っぽい?

今回は羽織も加わってますます組み合わせが広がります。

着物と羽織を逆にしたり、こっちとあっちのの羽織をトレード、な~んて自由に想像してみてください!

きものの小径

自由に楽しく!着物、着てみませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

着物は十人十色 (3)

着こなし勉強会その3は紬。

代表的な紬を使って組合わせました(※都合により以下画像削除)。

大島紬

地味な大島に博多帯、強くなりすぎないよう小物で中和

八掛の赤い一筋が効きます

結城紬

ほっこり感のある結城にざっくりとしたモダンな柄の洒落袋

小物の赤茶が秋冬の気配です

黄八丈

薄い色目の帯で可愛く、大人し目に

大柄のアンティーク帯を持ってくれば元気いっぱい

牛首紬

縞にシンプルモダンな柄の博多帯

きっぱりした帯締めと八掛が薄柳色で繋がります

◆八掛の威力◆

八掛(はっかけ)…着物の袖と裾に付ける裏地のこと

この八掛については、以前このブログでも取り上げたことがあります(→「八掛の楽しみ」)。

たしかに裏地にちがいないのですが、着物の袖は洋服と違って大きく開いていますし、裾は歩くたびにひらりと翻って見えたりします。

だからこれは見せるための裏地、「見せ裏」ですね。

無地、暈し、柄、同系色に反対色、裏と言えども決して手抜きをせず、それぞれの好みや個性でこだわります。

選んだ色柄が帯や小物とぴたり繋がった時、見る人は思わず「やられた!」

きものの小径

春です!着物、着てみませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眠い…

春のせいか、

Dor1

眠い…

Dor2

いや、眠いわ

Dor3

こりゃほんとに眠…

Dor6

向きを変えたらどうかにゃ

Dor5

あかん、やっぱり眠い

春だわあ~

(1年中だと思います by 猫の召使い)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

梅の郷

11

連休の初日、朝のうちの雨も上がり午後からは陽もさしてすっかり良いお天気になりました。

じゃ、梅を見に行こう!ということで青梅の梅の郷へ。

「梅もほころび始め…」まだまだ寒い冬の最中、春の訪れを告げてこう引用されるのは2月の初め頃?

梅の花ってずいぶん長い間咲いていてくれるんですねえ。

15

白から紅・赤、蝋梅の黄色など花の色も実に様々です。

ところで「梅の香り」をイメージできるだろうか?

ふと考えたらこれができない。

たとえば桜→桜もち(花より団子でスミマセン)など、容易に連想するものがあるんですが…

風に乗ってほんの一瞬、微かにしかに香らないので気づかないのかしら。

この日、これだけの梅に囲まれてもやはり遭遇しませんでした。残念。

さて、いよいよ桜の開花宣言も出て都心では今週末には桜も見頃でしょうか。

桜、ハナミズキ、ツツジ、しばらくは花リレーを楽しむことにしましょう。

きものの小径

春です!あなたも着物着てみませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

着物は十人十色 (2)

着こなし勉強会その2は礼装です。

着物で礼装=フォーマルといった場合は、着物や帯の種類、また小物についても細かな約束事があり、その意味では洋装よりも更にドレスコードが厳格といえるでしょう。

今回は訪問着に袋帯(礼装向き)で4名がそれぞれに組合わせてみました(※都合により以下画像削除)。

 

淡い色あい、同じトーンでまとめた上品な一揃い

控え目な分、誰からも好感度は↑

 

それよりやや個性を主張して渋めに、全体的にもメリハリをつけた紬の訪問着

30代~のキャリア向き

横段と花柄の白が爽やか

若向き、でも派手すぎない品のよい一式

濃い地色に総刺繍

こういう大胆で個性的な着物は、堂々と着てこそ、活きるもの

◆伊達衿選び◆

振袖や訪問着を着用するときに、伊達衿を入れることがしばしばあります。

今回面白かったのはこの伊達衿選び。

着物に帯ときたところで、皆だいたいこれだろうと絞ったのですが、帯揚げ、帯締めを載せてみたら、ん?こっちの方がと変えたらピタリというケースがありました。

教訓―伊達衿は最後に選ぶのが無難です(とくに淡い色の着物など)。

きものの小径

| | コメント (0) | トラックバック (0)

着物は十人十色 (1)

先週の土曜日は恵比寿のお教室で着物の着こなし・コーディネートの勉強会がありました。

ど~んと積まれた反物や帯を使って、着物の種類やテーマに沿ってそれぞれ組み合わせてゆきます。

たとえば、「帯で季節を着分ける」

1枚の着物に4種類の帯を載せています(※都合により画像削除しました)。

それぞれ春、秋、冬、あとひとつはなぜかモダン→夏がないのと、担当者が4人だった(笑)

さて、どの帯がどの季節?

これだけでもご覧になる人によって様々な答えが返ってくるのではないでしょうか。

私自身着物にかかわりだしてから、とりわけ着付けを教えるようになってから、あらためて思うのは人様々ということ。

もう本当に好みも似合うも十人十色です。

ということで、この日は他のひとのコーディネートを見て参考にするのも大きな目的のひとつ。

ひき続き、紬、小紋、礼装とこの日の組み合わせ例を順次ご紹介してゆきたいと思います(やっぱり、4人それぞれでした!)。

20090314202743

因みに、この日の私のコーディネートはこちら。

黒のような茶のような紬です。

細かな市松綾の織りの光沢のおかげで、単なる地味無地に陥らないのが嬉しいところ、お助け着物です。

帯は鳩羽のような紫を含んだグレー、沈まないよう、白地に唐花を染め出した帯揚げで明るくしました。

桜の便りもちらほら、この日のポイントは桜の花びらを模った帯留です。

小さくても存在感があるのは、象牙の厚みとシンプルなフォルムゆえでしょうか。

きものの小径

着物、着てみませんか? 着付けの個人レッスンいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末の楽しみ

週末の楽しみ…

日も落ちた頃、台所でなにやら切ったり、刻んだり、いい匂いがし始めるとともにその予感は高まります。

テーブルの上にお皿やワイングラスが並び、ご主人様たちが色がどーとか、香りがどーしたとか言いながら食事を始められます。

この段階では食卓を一回り、あっさり流してあんまりがつがつしてはいけません。

Im14_2

ひとしきり続くので、ここは一旦マイ椅子へ引っ込み、ひと眠り。

さっきの赤い飲み物はまだ続いていますが、やがて食事は次の段階へ。

ここからは神経を集中して一時も気を抜いてはなりません。

ご主人様たちの視線がやがて椅子の方にチラリ、チラリ…

と、すかさず鳴き声とともにムクッと起き上がり、愛らしく、しっかりと相手の目を見つめます。

P1010492

そしてお~、今週も大好きなチーズだにゃ~!!

きものの小径

自由に楽しく!着物着てみませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は別人?

20090311214845

本日は紬の着物でお稽古です。

あら?別人?― 思わずそう言ってしまいそうです。

それくらいいつもとは雰囲気が変わりました。

これまでの華やかな色柄の小紋や訪問着など、いわゆる柔らか物と今日のような紬では同じ着物といってもずいぶん雰囲気が違います。

たいへん雑把にいえば、染めと織の質感の差も含めて「派手・華麗」に対して「地味・渋」でしょうか。

普段着慣れていない濃色の紬はご自身にはなんとなく違和感があったようですが、傍の目にはどうしてどうして、いいんじゃないですか、たまにはこういうのも?!

もし、着物が地味だと感じた時は、帯揚げや帯締めなど小物に綺麗で明るい色を持ってくるとよいでしょう。

また、半衿を綺麗な色にすると顔まわりが華やぎますし、あるいは大胆な柄衿で思いきり遊んでみるのもよいかもしれません。

さて、今日はどんな着物でどの私?着物の大きな楽しみです。

きものの小径

着付けの個人レッスンいたします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先々週の一本

Img10153510159_2

アミオ セルヴェルのシャンボールミュジニー2004です。

ブルゴーニュ地方北部地区のシャンボールミュジニー村では格式ある有名なドメーヌだそうですが、このラベルはとても斬新で、近頃ボルドーあたりでも流行りのスタイリッシュな奴。

P1010509

味わいは果実味が濃厚で、とても甘い口当たりです。

幾分濃密すぎるきらいもあり。

いわゆる樽チョコ系というのは、きっとこういうのを云うんでしょう。

上品な香りも手伝って、若い女性にとても受けそう、というのは年寄りの僻みか。

華やかな席にお似合いのワインです。(by ☆)

いやあ、近頃ライターが忙しくてなかなかUPできませんでした(飲んでないわけではありません。念のため)。久々、遅ればせながらの「先々週の一本」です(for ☆)

きものの小径

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結婚式は振袖で

20090307101703_2
3月に入って初めての土曜日、お友達の結婚式に出席される方の振袖の着付けをさせていただきました。

以前、着物で結婚式へ出席されたところ、その場の雰囲気がとても華やいで、招待された方や周りの方々に大変喜んでいただいたそうです。

それ以来、結婚式というと「ぜひ着物で来てね!」とリクエストされてしまうとか。

たしかに着物はどんな年代の方にも好感度の高い衣装なので、初対面の方が多い結婚式にも安心ですね。

また、ゴージャスなドレスを着た集まりの中にいても着物姿はひときわ目立ちます。ましてや振り袖なら注目度はさらにアップ↑

この日の振袖と帯はどちらも今日のために揃えられたおニューです。

赤い地に白の大きな花とグリーンの葉がくっきりと描かれたファッショナブルな振袖は明るく華やかな印象の彼女にとても良く似合っていらっしゃいます。

20090307101722
そして帯は黒で引き締めて、ゴールドの飾り紐でポイントを作りました。

着物の美しさはそれぞれの年代にありますが、やはり何といっても華があるのは振袖です。

成人式や卒業式だけで終わりは勿体ない!
結婚式やパーティーに、皆さんもぜひ振り袖でお出かけしてみてはいかがですか♪

きものの小径

着付けの個人レッスンいたします(港区三田、白金高輪、麻布エリア)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江戸小紋をカジュアルに

20090304222222

本日は江戸小紋を使ってのお稽古です。

前回の訪問着に続き、今回の江戸小紋も帯合わせや小物使いによっては、礼装に準ずる、いわゆる「格の高い」装いとして通用する着物です。

渋い色目なら慶弔ともOKですが、そこはピンクが大好きな彼女のこと、やはり江戸小紋もきれいな珊瑚色です。

そこでこの日は名古屋帯にポップな柄の黒の帯揚げでぐっとカジュアルダウンさせてみました。

フォーマルなイメージの強い江戸小紋ですが、このように小物の合わせ方次第では気軽なお洒落着として着まわすこともできます。

綺麗な色の江戸小紋、春のお出かけにぴったりなコーディネート出来上がり!

きものの小径

自由に楽しく、着物着てみませんか!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

松田弦クンのコンサートへ

20090301141938_2

先週の金曜日は東京でもとうとう雪になりました。

そんな凍えそうな寒~い一日、松田弦クンのギターコンサートへ出かけました。

昨年の夏に渋谷で行われたコンサートに続き私は2回目、今回の会場は市ヶ谷ルーテル音楽ホールです。

そしてこの日ご一緒したのは弦クンの同級生の妹さんとそのおばあちゃん(=友人の娘とその母)です。

20090301142240

第1部はクラシックの演目。

MCなしで3曲ひたすら演奏です。

20090301142351

続く2部はオリジナル曲やデュエットなど。

2曲目の「最後の日の物語」がとても印象的でした。

出だしのメロディーを聴いた瞬間、忘れていた遠い記憶が呼び覚まされるような…まさに「物語」です。

テレビドラマのタイトル曲なんかに使われたら受けるだろうなあ、な~んて下世話な想いがチラリと…

初めてのCDも発売されたばかり、これからの活躍がとても楽しみです。

♪次も聴きに行くからね~♪

きものの小径

楽しく着物!着付けのレッスンいたします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »