« 秋に向けて~帯結び(1) | トップページ | 横丁の猫 »

浴衣のお手入れ

ゲリラ豪雨に雷、キノコでも生えてきそうな湿気と今年の夏の終わりは散々なお天気でしたね。

浴衣でお出かけして急な土砂降りに遭ってしまった!なかにはそんな方もいらっしゃったかもしれません。

そういえば、まだまだ暑かった9月最初の土曜日のギターコンサートにも浴衣姿の方を見かましたが、ぜんぜん違和感を感じませんでした。なにしろ暑いんですから。

最近は衣替えも昔ほど素直にはいかなくなりましたが、そうはいっても「暑さ寒さも彼岸まで」、夏のあいだ楽しんだ浴衣もそろそろしまわなければ。。。ということで本日はお手入れについてです。

綿絽、綿紅梅、その他一般的な木綿:

自宅で洗うこともできますが、その後のプレスを考えるとちょっと。。。

なにしろ大きい、場所を取る!アイロンをかけるそばから新しい皺を作りそうで怖気づいてしまいます。

私は迷わずドライクリーニング店へ。浴衣ブームの今はどこでも扱ってくれますし、お値段もそれほどかかりません。

ただし受け取ったらいったんビニール袋から出し、ハンガーに掛けて風に当て、きちんとたたみ直してからしまいます。

こうしておけば匂いや変なたたみじわもなく、来年そのまま気持ちよく着られます。

絞り、しじら、麻など:

自宅洗い可、というより自宅で洗った方が安心です。

クリーニングに出して、せっかくの絞りや縮がペッタンこで戻ってきた!なんていう嘘のような笑い話を実際に聞いたこともあります。

先ずは大きなしみや汚れがないかざっとチェック、もし気になるところがあればポイント洗い用の洗剤(色落ちしないタイプ)などをつけて軽く押しておきます。

このとき揉み洗いはNG。とくに麻などは毛羽立ちやすいので要注意です。

また白や薄色は他の色が移りやすいので別々に洗った方が無難です。

大きな盥で押し洗いしてもよいですが、私はこれまた手抜き、袖だたみにしたものを専用ネットに入れて洗濯機のお洒落着洗いでザブッと。

Hokan1

脱水を短く(~30秒くらいで強制終了)掛け、着物ハンガーに掛けて陰干しします。

このときにきちんと縫い目を揃えたり、手で叩いたりしながら皺を取っておきます。

アイロン不要。十分乾いたらきちんとたたんでしまいます。

保存について:

綿や麻ですから正絹の着物のように気を使わなくても大丈夫です。

スペースにゆとりがなければ本だたみして、さらに小さくたたんでから風呂敷に包んでしまっておくとよいですね。

ということで、来年の出番までしばしお休みです!

きものの小径

|

« 秋に向けて~帯結び(1) | トップページ | 横丁の猫 »

よそおふ(衣)」カテゴリの記事

浴衣」カテゴリの記事

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/23459404

この記事へのトラックバック一覧です: 浴衣のお手入れ:

« 秋に向けて~帯結び(1) | トップページ | 横丁の猫 »