« こうだった? | トップページ | 手順OK! »

手早く、気楽に

着物を着るようになって誰もが体験すること―今日はうまくいかない?!―そう、そういう日ってあるんですよね。たとえば家で練習していてこのあいだはできたのに今日はなぜかできない、それも案外つまらないところでつまずいたり、なんて。その日の自分の体調や精神状態がけっこう出てしまうのが実は着物のコワいところです。ま、しかし、人間誰しも波はあるのですから、そんなときは無理せずとっとと寝てしまう(笑)のもひとつの方法かもしれません。

もちろん即解決の問題もあります。手順や流れがひととおりわかってくると、次はなるべく「手早く、楽に」という欲求がでてきます。仕上がりが気まぐれなこの補整、なにか良い方法は?―たとえば既成の補整用品を使うことで毎回煩わされることなく、時間も省くことができます。着物や帯など、表から見えるところは誰しもこだわるところですが、実際に着物を着始め、よりよく着ようとしたとき見過ごせないのがその下に隠れている着付け小物です。着物は変わっても小物はいつも同じ、それが使い易ければぐっと気分も楽になるはず。地味ですが大事な点です。

20080602211542

さて本日はこれまでの縮緬系に代えて、お召しのようにさらっとした手触りのお着物でお稽古しました。着物によって扱う感覚が全く違ったりしますので、手順を飲み込んだあとはこのようにタイプの違う着物をいろいろと試してゆくのもよい練習です。袋帯もあとほんの一息、頑張りましょう!

きものの小径

もっと気楽に、もっと楽しく。着付けの個人レッスンいたします。

|

« こうだった? | トップページ | 手順OK! »

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/21382482

この記事へのトラックバック一覧です: 手早く、気楽に:

« こうだった? | トップページ | 手順OK! »