« 庭のユリ | トップページ | 衿と衣紋は曲者 »

たかが紐結び、されど…

さて、今日からよいよ帯結び。まずは名古屋帯でお太鼓からスタートです。

この段階にくると「結ぶ」ものが俄然増えてきます。帯枕の紐、お太鼓作りのときの仮紐、帯締めに帯揚げ…

帯締めや帯揚げは着物特有の結び方といえるので、最初は練習が必要です(結び方だけなら洋服の上から巻いて練習すればよいんですよ!)

この紐結びの落とし穴、実はなんでもない普通の「蝶結び」かもしれません。

きつく結んだつもりが途中でゆるんだり、これが意外に手強い?!

考えてみると洋服にはきつい蝶結びなんてないんですね。せいぜい子供の頃にエプロンの紐を後ろで結ぶのをお母さんから教わるくらい、今はそもそもエプロンなんてしないかも。

20080610213506 

というわけで、本日は体育会系力技のようなお稽古に。

でも頑張った甲斐あってこのとおり綺麗に完成です!

きものの小径

ひとりで着物、着付けのレッスンいたします。

|

« 庭のユリ | トップページ | 衿と衣紋は曲者 »

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/21564954

この記事へのトラックバック一覧です: たかが紐結び、されど…:

« 庭のユリ | トップページ | 衿と衣紋は曲者 »