« それなりに平和な日々 | トップページ | 今年もサクランボ »

自然の恵み

もう5月も半ばというのに今日も肌寒いくらい。個人的には暑いよりこのくらいの陽気のほうが過ごしやすくてよいですが。すっきりしないお天気同様、テンション今ひとつ、こんなときはやはり美味しいものを食す話題が吉かな。

ということで、このあいだ訪れた秋川渓谷にある炭火焼・山菜料理の黒茶屋のご紹介です。

P1010215

渓谷の古い民家をそのままに使った、まるで隠れ家のような静かなお店です。

P1010218

脂ののったヤマメやイワナ、炭火で焼くので程よく脂が落ちて香ばしくとても美味!

きっと近辺で取れたのでしょうか、苦味も香りも濃~い山菜はやっぱり一味も二味も違います。近頃は年が明ければもう菜の花やふきのとうなどがスーパーの店頭に並びますが、関東地方で山菜取りといえば4月末から5月にかけて。果物もそうだけれど、自然の恵みの季節を無視して早ければよいみたいに出て来るのはどーなんだろう?と思ってしまいますよ、こういうふうにいただくと。そういえば前菜の小さなお皿にカタクリのお浸しがありました。たまたま知ったところでは、カタクリは葉が2枚になって初めて花を咲かせるのだそうですが、この2枚の葉になるのになんと7~8年かかるのだとか。そんなにかかって育って、採って食べるのは一瞬。なんだか申し訳ないような…そんな山の贈り物を毎年もらえるように、山菜取りの方、根だけは残しておいてねえ!

P1010222

最後は蓬そばならぬ、蓬を練りこんだうどんを釜揚げで。

山や川の恵みを存分にいただいた一日でした。

きものの小径

もっと楽しく、もっと気楽に。着付けレッスンいたします。

|

« それなりに平和な日々 | トップページ | 今年もサクランボ »

いただく(食)」カテゴリの記事

さまよふ(旅)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/20908978

この記事へのトラックバック一覧です: 自然の恵み:

» 手作りではないけれど [なんでも手作り挑戦日記]
このまえワサビ漬けをつくった時、スーパーで気になるものがあった。 それは山菜。 山菜といえば山のおく深くまで入っていって、熊にびびりながら取るものだけど、最近はスーパー売っている。蕗のとう、たらの芽なんかは定番で、近頃はコゴミ、行者にんにく、シドケ、ウルイ、コシアブラなんかも売っているんだ。栽培しているんだね。 ... [続きを読む]

受信: 2008年5月13日 (火) 16:31

« それなりに平和な日々 | トップページ | 今年もサクランボ »