« 秋の夜長に―3 | トップページ | コスモス畑 »

半衿遊び

Eri1_2

「美しさ」からいうならやはり「白」でしょう。紬なら真っ白でない白、ややきなりがかったものなど。やはり着物の端正な雰囲気を損わない究極の色は白だと思います。

Eri3_2

Eri4_2

が、しかし、正統に着るばかりが着物ではありません。それじゃ面白くない、楽しくない。基本は押さえつつもどこか崩す、どこか遊ぶ、そんなことができるのも「こなれた大人の着物道」ではないでしょうか。たとえば半衿、この見え具合の分量はちょいと遊ぶにはほどよい塩梅です。主役ではないが名脇役、といったところ。

着物との調和がまずありきですが、そのポイントさえ押さえたら色、柄、素材や質感、さあてどれで遊びましょうか。同じ着物が衿一枚で違う雰囲気に!その時々の心境、自分の気持ちや身体が自然に感じるものを自由に選んで遊んでみてはいかが。そんな半衿遊びを強力にバックアップしてくれるのが、着物好日の半衿*たちです。自由で柔軟な発想の持ち主の店主に選ばれたのはチュールレースだったり、綿のUSプリントだったり、出自はまちまち。が、これは半衿にという選択眼の良さにはいつも脱帽です。Chiya-san、これからも楽しい半衿、頼みますよ~!!

*今回は3番目の写真で使っています。芥子・赤・白の細い縞のコットンプリントです。黒や茶色などの着物に合わせるとほっこりとした感じで今からの季節にはぴったりですね!

きものの小径

|

« 秋の夜長に―3 | トップページ | コスモス畑 »

よそおふ(衣)」カテゴリの記事

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/8723841

この記事へのトラックバック一覧です: 半衿遊び:

« 秋の夜長に―3 | トップページ | コスモス畑 »