« 箱入りネコ | トップページ | ノヴェンバー/november/novembre »

八掛の楽しみ

秋も深まり着物を存分に楽しめる季節になりました。昨今の温暖化でもはや私的には5月・10月は単衣シーズンにシフトしつつあるのですが、今年の10月も単衣の方が心地よい日が多かったのではないでしょうか。着物暦より体感温度優先、気持ちよく着られることが大切ですよね。そうはいっても11月、さすがに袷の着物にも抵抗がなくなりました。その袷の楽しみのひとつに八掛があります。袖口に裾廻り、ほんのちらりとしか見えない「裏地」なのですが、このちらりがどうしてどうして侮れない存在です(写真の袖口ちらり、おわかりですか?)。

En2_3

同系色ですっきりまとめる、反対色でアクセントをつける、ときには柄八掛なども。たとえば、先日の秋の着物遊びに着ていったのは白山紬の白生地を大好きな深紫色に染めてもらった色無地ですが、八掛はインパクトのある麻の葉の柄。いかがですか?

Hakusan3_3



Hakusan1_3_2



きものの小径

|

« 箱入りネコ | トップページ | ノヴェンバー/november/novembre »

よそおふ(衣)」カテゴリの記事

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/393381/8817302

この記事へのトラックバック一覧です: 八掛の楽しみ:

« 箱入りネコ | トップページ | ノヴェンバー/november/novembre »